2012年3月31日土曜日

祝 Spring of Life PV  解禁!


たった今、見ました。Spring of LifePV
ああ綺麗だなー。かわいい。ロボットもキモ面白い。キレイダナー♪
もうね、Perfumeを好き過ぎて困る。見てるだけで鳥肌立っちゃった。
ホントニカワイイ…。私、彼女達をお人形みたいに見てるんだと思う。
パソコンの中で踊るお人形。かわいいな。
かしゆかの人形ダンス、のっちの綺麗ダンス、それにあ~ちゃんのバネの入ったようなパンチの効いたダンス。みんな見てて楽しい。
「ハジメヨォ~ヨー」のところで、あ~ちゃんが足首(腰?膝?)をグリッと回すのがカッコイイ。ステキ。みんなステキ!

ちょっと涙出てきた。ありがとう。

旦那Aも気に入ったらしい。
ワイヤレスにならないのかな」と言っている。


Perfumeがいると人生はもっと幸せ…


追記:「DVD付き初回限定盤」注文してしまったワiTunesまで待つつもりだったのに

NHK大河ドラマ「秀吉」本能寺の変-3


ネタバレ注意


信長
これほどドキドキした本能寺の変も他にない。凄まじい渡信長の殺陣。腰が入っていて重心が低い。力任せに本気で刀を振り下ろすのが怖い。誰か怪我をしたんじゃないかと思うくらいだ。追手を避けて足早に通り過ぎる廊下の障子戸の向こうに敵の声がすれば、刀を突き立て返り血を浴びる。扉の向こうに消え、火の中、素手で刀身を持ち、その後刀を首の後ろに回して自刃。強烈だ。割腹と違いこれなら即死だろう。その後床についた刀を杖にして立ったまま炎の中に消える。これほど凄まじい描写があるだろうか。この場面は1度見たら忘れられない。昔よくあった敦盛の舞も一瞬一節を唱えるだけだ。全てがリアル。非常に怖い

生意気なばかりだった森蘭丸が屈強な若者、主君に忠実な家臣として信長の最後を守る。この時蘭丸を演じた松岡昌宏さんは19歳(蘭丸は17歳)。こういう演技が出来る人は若い時から、もっと俳優として男を演じてもらいたかった。若いのに肝が据わっている。



他にも見所はたくさんある。光秀の意図に気付きながら信長に伝えなかった利休の揺れ動く心の描写。夫の本能寺での勝利を聞いた後、秀吉の居城、長浜城の城兵と女子供を皆殺しにせよと家臣に命じる光秀の妻ひろ子(そう「戦はいやじゃ」ではなく、戦国の嫁とはこれくらい肝が据わっているもの)。父に味方しなければ自害すると夫細川忠興に詰め寄る光秀の娘たま。それに本能寺の変の知らせを受け、女城主として采配を振るうおね。「おなごは強き男に惚れるもの…」から続く名台詞。可愛いかったこの娘がこの時点までに武家の女主人として成長していることに感動する。

みんな必死なのだ。明日の命は無いかもしれない。そんな状況での全ての人物の真剣さが胸に迫る。




2012年3月30日金曜日

NHK大河ドラマ「秀吉」本能寺の変-2


ネタバレ注意



明智光秀
信長に母を事実上殺され、事あるごとに叱責され殴りつけられる光秀、この真面目な武将がなぜあのような、ありえない行動を起したのかを時間をかけて一つ一つ描写していく。家康への接待で信長に叱責され、その直後丹波・近江坂本の領地を没収される(敵地への領地替え)。大軍を率いる大名にはあまりにも酷い仕打ちだ。理不尽としか言いようが無い。この頃の光秀は顔が違う。常に4白眼。追い詰められて理性を失っていく様子が緻密に描かれる。妻ひろ子は母に姿を変え、母の声は幻聴として常に光秀を謀反へとたきつける。そこへ徳川家康がそそのかしにやってくる。信長との茶会を頼んでも千利休に断られる。このあたりの光秀をめぐる場面には、四方からじわじわと壁が迫ってくるような切迫感がある。

決心をした後は顔が変わる。心を決めた人の顔になる。「敵は本能寺にあり」は母への言葉として描かれる。そして本能寺。声も猛々しく覚悟を決めた目は1点を見つめる。目標はただ一つ、信長の首。戦いは終わり、夕刻利休が焼け跡に尋ねてくるが、この時すでに光秀は意志を無くし抜け殻になってしまっている。この表情で利休も視聴者も光秀の負けを知る。もう彼に未来は無い。結果は史実として解っているのに、どうしてそこでもうひと頑張りしないのだと、なんとも言えない気持ちにさせられる。悲しいのだ。どうしてそこであきらめる…。それくらいこの村上光秀に引き込まれる。村上さんの憑かれたような演技に圧倒されるのだ。この光秀、最後まで強い母親の意志の元、駒にさせられた悲劇の人という気がする。病弱だった妻がいつしか母の姿になるのも、彼自身がそんな強い母親をどこかで求めているからではないのか。


秀吉
高松城攻めで、いつものように無邪気に人夫達と雨乞いをして踊ったり、星を眺めたりしている。…が、63日の深夜から情報が届き始める。まず毛利への密使を捕える。黙り込む秀吉。その直後、信長の茶匠からの書状。顔色が変わる。表情が固まって動かない。一瞬叫び声をあげかけるが、数歩外に向かって進み、雨の中無言で崩れ落ちる。リアルだ。これほどリアルな(この時の)秀吉の描写は他に無いと思う。人は本当にショックを受けると言葉を無くす。同じ場面の他のドラマでの秀吉、ぎゃあぎゃあ泣き喚くものが多い。この描写のリアルさには驚いた。

これに続いて、この時の秀吉軍がいかに危ない状態にあったのかも知らされる。この時の秀吉軍、信長の後ろ盾を失い、もし毛利側が事情を知ったら総攻撃で全滅もしかねなかったのだという。安国寺恵瓊との和議。そこへ(まさか無いと思うが)足利義明が尋ねてくる。ここで安国寺はおおよその自体に気付くのだ。…が、無駄な戦はすまいと目をつぶる。ドラマなのに肝を冷やす。上手い。すぐにその場から撤退、姫路城につくころには秀吉の腹も据わっている。秀吉の順を追った心の変化が非常にわかりやすく描写されている。 山崎の戦いでの勝利の後、光秀の首実検のシーンから秀吉の顔も変わる。脚本も俳優もすごいと思う。





2012年3月29日木曜日

NHK大河ドラマ「秀吉」本能寺の変-1



ネタバレ注意


1週間前に『秀吉』完全版第弐集が日本から届いた。やっと昨日から見始めたが、あまりに素晴らしくて止められず、一晩で第28回「高松城水攻め」から第33回「光秀の首」まで一気に見てしまった。本能寺直前から光秀が死ぬまでの回だ。

今まで、いくつかのドラマの「本能寺の変」を見てきたが、この『秀吉』、おそらく史上最強ではないか思う。ここまで本能寺の変を真正面からとらえ、長い時間をかけて全ての出来事を緻密に再現したものは他にないだろうと思う。登場人物の善悪を安易に決めつけるのではなく、それぞれの人物の心理、行動の理由を描写し、信じられないほどの丁寧さで話を積み重ね、全て非の打ち所無くまとめあげた脚本家の手腕には言葉が無い。

ありえないほどの緊張感、信じられないほどの俳優陣の熱演(明智光秀の村上弘明さんにいたっては憑かれているとしか思えない)、緻密に丁寧でありながら、息をつかせる暇も無い話の展開はただのドラマのレベルを超えている。傑作とはこういうもののことを言うのだろうと思う。


本能寺の変をめぐる回は以下の通り
28回「高松城水攻め」追い詰められる光秀、高松城攻め中の秀吉
29回「敵は本能寺」光秀の決意、信長を待つ高松城の秀吉

30回「信長死す」本能寺の変(62日)、秀吉の家族の長浜城脱出、
    秀吉への知らせ(63日)
31回「天下への道 」毛利との和議(64日)

32回「夢を継ぐもの」秀吉中国からの撤退、光秀の孤立、
    秀吉姫路城での決意

33回「光秀の首」山崎の戦い(613日)、光秀敗走


本能寺直前から光秀の死までなんと全6回も使って話を紡ぐ。本能寺の変当日から山崎の戦いまで史実で11日。そのたった11日間に番組4も使っている。光秀、秀吉それぞれの時間ごとの行動の推移を克明に追う描写。そこに利休、おねを始めとする秀吉の家族の描写を絡める。62日早朝、信長が光秀軍に囲まれているその時、秀吉は秀長達と談笑しているのだ。この構成は緊張させられる。見ていて止められない。




2012年3月27日火曜日

Cassie - King of Hearts (2012)



この曲はいい。素晴らしいです。リリースも最近なのね。


Cassie - King of Hearts 2012

Released: Feb 14, 2012 ℗ 2012 Bad Boy/Interscope Records


アメリカのCassieCassie Ventura)さん。25歳。顔も可愛いが、体もすごいな。PVで小さいのかと思ったら、身長178cmだそうだ (…とあるサイトには書いてあるが169cmという情報もあるみたい)なんとモデルサイズ。すごいですね。
育ちはアメリカのコネチカット州。ハーフのフィリピン系、それにアフリカ系とメキシコ系が入ってるんだそうだ。なんとエキゾチックなルックス。それにサイド刈り上げだもの。いつの時代よ(笑)。しかし、最近の女性シンガーはこんなに、ほぼ裸にならないと曲も売れないのか?? 本人も全然平気なんだろうけど。すごいもんです。
それにしても、アメリカの最近の音楽などほとんど聴いてないのだけど、たまにこういういいものに当たると嬉しい。ちょっとリピートしそうだ。

2012年3月26日月曜日

NHK大河ドラマ「平清盛」第12回「宿命の再会」


今日の忠盛パパのお言葉、「清盛はまだ心の軸が定まっておらん」。そう、そのとおり。心の軸どころか人格が出来ていません。だけど時間だけは過ぎる。奥さんを亡くしてふてくされたいのも解るが、しっかりしろ! もう大人よ。弟を見習った方がいいです。最後までなんだかくすぶってましたね今回。ぼーっとして始終たそがれてるんだもの。そんな不安定な勢いでプロポーズされても困ったもんだ。深キョンかわいそう。

しかし、2人の子供は可愛い。深キョンが通いたくなるのも解る。

清盛君、途中時点では時子に全く惹かれてません。「耳に残る明子の琴の音色を消されとうないのだ(あんたじゃダメなのよ)」うわぁ~ん。清盛君はこの時点では、時子のことキライだと思うな。「明子の思い出に浸りたいのだから邪魔せんでくれ」と言っている。表情もそんな感じだ。なのに盛国が「殿も時子様がいると嬉しそうだ」などというのは無理がある。

それが義朝と喧嘩して帰ってくると、怒りに任せて「もうそなたでよい」とプロポーズしてしまうのだ。「あとはオレがそなたに惚れればよいのだ」なんと乱暴な。それに答えて時子も「あんまりヨ。」それなのにその直後、ドラマチックなスローモーションとともに清盛を押し倒す。(大爆笑)なんだなんだなんなんだコレは…。またやっちまったのか…。イクタちゃんもびっくりしている。もう漫画ね、この大河。

さて、関東から帰ってきた義朝君、たずねてきてくれた娘さんに、いきなり「お前も産むか?」(大爆笑)。逃げる娘さんを追いかけて腕をつかみがっしりと抱きよせる。そこで娘さんは喜んで泣く。そりゃ嬉しいよね。「役に立つ」とか言われるのはいやだけど。今年はこういう肉食系野蛮人を大河でやるのが新鮮だ。それにしてもドS(エス)らしい玉木さんにはこういう役がはまる。NHKは確信犯(笑)。

清盛君も義朝君も、御所で喧嘩はいかんと思うよ。外に出ましょう。でも清盛君が「オレはこれから平氏を背負うていく男よ」と言った。 お、心が決まったのか。

ところで弟家盛の大東駿介さんは非常にいい表情をする。ちょっと注目だ。諦めた女性の話をしていたけれど、この時代で平家の御曹司なら別に2号さんでも3号さんでも囲えたと思うのだけど(通い婚?)、武士は違うのだろうか。

たまこさまが亡くなってしまった。やっぱり綺麗だな~。この人がいなくなるのは残念。まだ45歳だそうだ。でも源氏物語などでも昔の人はこんな年齢で亡くなるんですね。早いな。三上上皇もたまこさまも演技が上手いだけに、今回も短い場面だったのは残念。いままでの回にももう少し二人の演技バトルの場面をいれてほしかった。見ごたえがあったはず。それにしても、菊の咲く季節に水仙は無いと思う。



ところで、冒頭の僧兵と平氏の場面、それから最後平氏が出かけていく場面。こういう野外で完全武装した群集が映ると、気持ちがあがる。絵が豪華でたまらない。これからもこういうのがあると嬉しい。戦国時代と違った美しさがあっていい。かっこいー。

それから、セットなんだろうと思うが、清盛の家の天井の梁がとてつもなく大きくてびっくりする。ほんとに日本の昔の家屋というのは、かっこいい。こういう家もこのドラマのために建てるんだろうか。ちょっと調べよう。


2012年3月23日金曜日

祝 Spring of Life 解禁!


たった今聴いたぜ。 ぎゃー! これはいい。コレハイイ。
この曲は踊れる。ガンガン踊れる! ぎゃーもう踊りたい。
これはいいっ!  大興奮!

この曲は、間違いなく世界クラス。 コレはいける!
この曲がかかったら、わらわら踊り狂うのが目に見える。
ループでノンストップにしたい。
世界中のクラブで、世界中の皆さんにガンガン踊っていただきたい。

中田さん、Glitterあたりから、なんか抜けた感じ? 締まったね。
直球ですコレ。攻めてます。
中田さんもユニバーサルで勢いづいたか(笑)?
ほんとにすごい人です。

iTunes出すのかな。これは世界中でヒットして欲しい。
もう音楽的には向かうところ敵なし。
ハンデはアジア人であることだけ。 なんとかならんものか…。
Youtubeでもぜひフルを流して世界を洗脳してください。
Perfume Global Siteの扉もそろそろ変えたほうがいいかも。
せめてあそこから、この曲に楽にたどりつけるように。
一度聴いたらみんな吹っ飛ぶと思う。

 
追記:何時間もループして聴いている。止まらない。これ今までのPerfumeの曲で一番踊れる。タメが全然ないんだもん。本気。


最近のPerfume:Sprig of LifeのTeaser/氷結CM /MTV-CM



最近のPerfume、いろいろと話題が多くてうれしいですね。いつも、動画サイトでちょっとずつ遅れて見るのだけれど、イイカンジ。


Sprig of LifeTeaserのビデオも、んまーっうれしいです。3体のロボットだ、Made in Japanの女性型ヒューマノイドだとさんざん言ってたの、そのまんまのイメージなんだもの…。これはうれしい。やっとやっと軌道修正……だと思うな。(いや綺麗な女の子風もいいんだけど、それだけだと普通すぎて面白くないんだもの。時々これくらいのギミックで遊んでくれた方がいい) これはまた面白くなりそうだ。この世界観はたまらない。ほんとのロボットみたい。ちょっと怖い…(笑)

彼女達はスタイルに恵まれているんで、こういうのがピタッとはまる。ほんとにビジュアルをやる製作側のアーティストには、たまらない素材じゃないでしょうか。サウンドも氷結CMのサビほどキラキラしてなくて低音バリバリ。で、このイントロ(?)を聴いた後にまたCMのサビの部分を聴くと、ちゃんと同じリズムでつながるのね。この曲は踊れる。これ欲しいな。これも海外にiTunesで出すのかな。



もうひとつの氷結のCMもおしゃれ。あ~ちゃんが「シェルブールの雨傘」のカトリーヌ・ドヌーヴみたい。全体的になんとなく60年代風。かしゆかのヘアバンドもそうだし、ドレスも60年代風ミニ。狙ってますね。のっちツイッギーみたいに横分けにしてください(笑)。…そうかPerfumeはミニが売りなんで60年代風そのままでイケるんだ。上手いな。



それから、MTVの司会のCM。いやー参りました。もうPerfumeはオトナね。肌を出さなくても十分色気がある。色気以上に美しい。和風でミステリアス。皆ほんっとに綺麗になった。彼女達はやっぱり長年(10年以上も)休むことなく踊ってるんで、体の動線が綺麗。ダンサーの体なんですね。だからこんないつもの彼女達と全然違う事をやっても完璧に決まる。これで彼女達の素材のよさが改めてハッキリしました。もうなにをやっても綺麗にこなしますよ彼女達は。完璧にプロだ。年齢的に、これで成人した女性としてルックスも安定しただろうから、これから後30歳くらいまでこういう綺麗な姿でやっていけるはず。これはますます楽しみです。



それにしても、33様非常に魅力的で、それぞれがもう揺らぐことの無いスターとしての地位を確立したなと思いますね。顔も全員全く違うんだけど、それぞれがスターの顔になってきたなと思う。オーラが出てきた。これは今まで積み重ねてきた経験や成果、作り上げてきた結果から滲み出てくる自信みたいなものだと思う。スターはみんな持ってるんですよ。いままで見てきた世界的なスターもみんな同じ。「ああっ変わった!」と思う瞬間がある。今のPerfumeがたぶんそれ


2年前の「不自然なガール」の頃は、まだまだ成長途中の子供な感じだったのに、今、全然違う。まるで別人。「Voice」の頃はまだ不安が見えたし「ねぇ」でちょっと自信がついてきて、「レーザービーム/微かなカオリ」でちょっと一休み(この頃一番心配した)。「スパイス/グリッター」で余裕が出てきて(まずここでびっくり)、今回「Spring of Life」。まだ氷結のCMMTV司会のCMしか見てないけど、もう自信がみなぎっていてスターオーラ全開。これはユニバーサルへの移籍とか、全国長期ツアーの成功とか、彼女達の周りの状況がどんどん変わってきてることが顔に出てるんでしょう。ほんとにたいしたもんです。


たぶん私のような年齢の方々は覚えていると思う。昔マドンナがLike a Virginの頃までのガツガツしたやる気満々の鼻息の荒い小娘から、 Papa Don’t Preachでいきなり洗練されたスターになってびっくりしたこと。で、Like a PlayerExpress Yourselfの頃にはもう押しも押されもせぬ大スターのオーラバリバリになってしまったこと(この頃のマドンナは見てるだけで面白かった)。


国内規模であれ、世界規模であれ、どこかで生まれ育った普通の子が、何年かの努力の結果、ある日突然スターの顔になる時が必ずあること。それからまた同じように変わることなく努力を続けていくと、また顔が変わる瞬間が来ること。それが本物のスターになっていく道なんですね。今のPerfumeもワンレベル上がったんだなと思う。嬉しいです。



2012年3月22日木曜日

再考-不思議の国ニッポン-2=どこまでいくのか東京:サイバー同人文化=初音ミク遊び=Perfume遊び


もうちょっと、カワイイ以外の事も書いておこう。

漫画やアニメ…(もうここでは全部書かないけれど)等、様々な日本の若者文化がじわじわと広がっていくのも面白い。ファッションはともかく、昔は漫画もアニメもゲームもオタク文化と言われて、私たちの世代には抵抗のあるものだったのだけれど、そんなことがCOOLなのかUNCOOLなのかの境界線もほぼ無くなりつつある。世界から見ると特にそう。創造性がそんな境界線を蹴散らしてしまったかのようなのだ。

その中で一番すごいのが、日本の進みすぎた若者文化。サイバー空間同人文化・サイバー二次創作文化とでも言おうか。動画サイトなどで見れる、普通の若い人達のサイバー空間での遊びが、信じられないほど、怖いくらい面白い。初音ミクもPerfumeも共にサイバー同人文化のスターだ。

まず初音ミク。もともと単なるボーカロイド機能付きの作曲ソフトだったのに、(誰かが作った)楽曲が数万曲も集まり、たった一つのパッケージのイラストから、様々な遊びの動画が作られ、3Dアニメーションソフトが作られ、サイバースぺース上のみで踊る女の子が、CDをリリースし、いつしか生バンドを率いて海外でもコンサートをやるという。こんなSF小説も真っ青の芸当が出来るのは、まちがいなく日本人だけ。それにああいうバーチャルアイドルに本気に恋して、ライブで大騒ぎ出来るのも日本人だけ。自由すぎる。まさに近未来世界の中に生きていると言っていい。(LAでのライブの成功は日本のファンがYoutubeでお手本を見せてくれたから。頭の固い外国人にはああいうバーチャルなものに自らノリノリになるのは無理です)日本人のその辺のセンスは他に類を見ない

最近、Perfumeのグローバルサイトでのポリゴンダンスが、さっそく3人のかわいい初音ミクに描き換えられてる動画を見て心臓がドキドキした。すごいですよ。Perfume関連でも一番驚くのが、実は同人的な二次創作ものの動画で、もう想像を絶する量のリミックスやMASHUP、踊ってみた、踊らせてみた、弾いてみた、つなげてみた、いじってみた、神々の遊び、ミク関連…、日本人すごいです。ほんとに。こういうものを(人知れず)誰かが短期間でさらさらっと作って、それを普通のこととして大衆が当たり前のように喜んで見ていることが、どれほど高度な、どれほどハイレベルなことなのか日本の若い方々は自覚した方がいいと思う。もっともっと自信をもっていい(海外でも多少の同人的遊びは存在するが、日本人のほうが桁外れに高度。せいぜいニャンキャットぐらいか(?笑))。そんな日本のサイバー同人文化、かっこよすぎる。

20年くらい前にはこういうコンピュータ関連ものを「電脳」と言っていたのだ。当時の日本では「アメリカで“インターネット”というものが始まって“ネットサーフィン”なんてものをやってるらしい。カリフォルニアの若い人達がやってるんだって。」などとAppleMacintosh IIcxIIciあたりを苦労して触りながらアメリカに憧れていたのだ。それから20年、日本がこんなに「電脳空間」で面白い国になろうと誰が予想しただろう。これは昔からの日本の同人文化のおかげに違いない。たまたまサイバー空間がそういうものに合っていたんだろうと思う。こんなに大勢の日本の若い人達が、昔のように何でもビジネスに結びつけるのではなく(すぐ金儲けにするのではなく)、ただただ楽しいからと、他に真似の出来ないくらい高度な遊びを優雅にやっているのを見るとほんとうに涙が出るほど感動してしまうのだ。日本の若い方々には、これからもこの調子で創造力豊かにいつまでも独走していってほしい。創造力は全てを凌駕するのだ。もうすでに世界一です。


話が長くなったが、とにかく東京=日本は面白いことになってきている。前述のNHKの番組「東京カワイイTV」も、私の世代から見れば「いったいぜんたいアノNHKが何をやっているんだ」とびっくりするのだ。昔はNHKというだけで、チャンネルを回す(笑)くらい古臭いものの代名詞だったのに…。ちょっと前の同番組なんて、全身ラバーフェティッシュの(ちょっと前なら超アンダーグラウンドの危な系の)デザイナーが、明るいトーンで紹介されていて…?? 日本どうなってるんだ?(アートに関して非常に進歩的な)英国BBCを超えたかもしれん。それとも、やっぱりNHKにとりあげられるくらいなのだから、実はもう5年ぐらい前に終わっちゃってることなのか…。ああ解らない。それにしても面白すぎる日本。これからもますます元気でいてほしい。誇りに思います(嬉涙)。



2012年3月21日水曜日

再考-不思議の国ニッポン-1=過去30年でどれだけ状況は変わったのか:東京カワイイTV、ファッション


前々から書こうと思っていたNHKの「東京カワイイTV」。これ、いったいどんな番組なんだろう。海外に長年住んだせいで、日本懐かしさから、ついつい「西洋かぶれ」ならぬ「日本かぶれ」になってしまっているのだけれど、この番組はまさに面白不思議ニッポンの情報だらけで面白い。もちろんいまさら渋谷系だのギャルだのが気になる年齢ではないのだけれど、この番組を見ていると、日本(東京)もここまで変わったか…と考え深いものがあるのだ。


私が美大生だった頃の20云年前、雑誌an.anは当時のトンガリ学生のおしゃれのバイブルだった。たぶん同じ時代だったと思うのだが、世間ではニュートラとかハマトラとかいうものが流行っていたと思う(よく知らない)。そんないいとこのお嬢さん風ファッションに逆らって、美大生や専門学校生は妙な格好をしていた。当然、大変少数派だった。

当時、覚えてるのは生成りのガーゼ生地で出来たよれよれの服、東南アジアだかアフリカあたりのテーマの皮のベルト。ガーゼの靴下にヌメ革サンダル。布の切れ端をただ頭に巻きつけたヘア(幾重にも巻いたの布すき間から髪の束を四方に出す)。または蛍光色の小物。派手な靴下にドクターマーチン。裾を切り落としたTシャツ。膝下カットのパンツ。クラスメイトの女の子には頭の後ろの下半分を刈り上げにして、長めに伸ばした上の髪をオレンジに染めた逆ちょん髷みたいなヘアをした子もいた。

こういうの、みんなロンドン発の若い子達のストリートファッションを真似していたのだ。70年代後期のパンクが下火になって、ロンドンにはニューウェイブ、ニューロマンティックあたり前後から派生したお洒落なバンドがいっぱいいた。バウワウワウ、トンプソンツインズ、カルチャークラブ、バナナラマ、ハワード・ジョーンズ、等々…妙な格好が面白かった。

それからすぐにニューヨークでマドンナやシンディ・ローパーが、ターバン頭に蛍光口紅、ゴム輪の腕輪、下着に鎖じゃらじゃらの手作りネックレスでMTVに登場し始めた。もちろん、そんな格好もすぐにコピーした。髪に赤や青や銀のスプレーをして、学校のあった郊外から友達と電車に乗って都心に出かけた。

当時、日本でああいう妙な格好をしていた子達は、物を創る分野やファッション関係の学生が多かった。ロンドンファッションにすぐ飛びついていたようなトンガッた子達が、学校を卒業すると、ヘアメイク、ファッション関係、広告業界、製作プロダクションなどに職を見つけた。物を創ったり、デザインしたり、雑誌のページのレイアウトをしながら「何がカッコイイのか、何がお洒落なのか」を作り出す側になった。

あれから、30年近く経つ。(おっと…)


話が長くなったが、言いたかったのは、この「東京カワイイTV」を見ていて思うこと=「今の東京は30年前のロンドンやニューヨークと同じ位置にいる」ということなのだ。東京の若い子達が世界に向かって「最先端のおしゃれ」を発信し(というよりも勝手に楽しみ)、それに(少数ではあっても)世界中のトンガリっ子たちが飛びついているという図式、30年前のロンドン発信のものと全く同じなのだ。デザイナーブランドが創ったものではない流行。どちらかといえば世間や親はあまりいい顔をしないファッション。自由な創造力。渋谷や原宿のおしゃれな子達がここ15年ほど(だろうか)で徐々に作り上げた独自のファッション。そんなものが、世界のオシャレっ子にうけているらしい。

録画していた番組は、東京に、世界中から選ばれた「カワイイファッション」の女の子達が集まって、TOKYO GIRLS COLLECTION  の舞台に立つべくオーディションを受けるというもの。日本代表の2人がセンスの良さだけで選ばれたように見えるのに対して(日本人は自分の意見を話す訓練を受けていない)、ニューヨークやマレーシア、中国、フランスから来た子達は意志も主張も思想もしっかりとしていて、まるでアートスクールの授業で発言しているように見えるのも対照的で面白い。がんばれ日本ガールズ!


以前の「Perfumeを海外へ」のエントリーでもいろいろと書いたのだけれど、こういう状況はほんとに面白い。こういう海外で日本のファッションに入れ込んでくれてる世界中のトンガリっ子達が、もしかしたら将来、世界で未来の流行を作ってくれるかもしれない。このオーディション参加者の中でニューヨークから来てる子は、今アートスクールで映像を学んでいたと思う。ほら、昔ロンドンのストリートファッションを追いかけてた日本の美大生と同じじゃないか。これはかなり嬉しい。日本=東京が世界のクリエイティブ系の若い人達の憧れになってきていることに、改めて時代の変化を感じるのだ。もう今の日本は西洋を追いかける必要が無い

余談だが、もっと面白いのは、そんなフランスのトンガリっ子のあいだで、日本のビジュアル系のバンドが人気らしいのだけど、ちょっとまて…。そもそも日本のビジュアル系は、大昔のロンドンのバンドJAPAN DURAN DURAN、BAUHAUSあたりを真似していたんじゃないのか(おっと、タイプが違うのか…?)。それに一部に人気のロリータファッションだって、もともと日本人の女の子がフランス人形の格好を真似したものではないのか?? それをフランス人の女の子が「『ベルサイユのはら』を読んでマリーアントワネットが好きだからこういう格好をするのよ。日本にはあこがれるわ。」などと、もうね…なんだかよく解らないけど、いろんなことがいろんなところをぐるぐる回っているみたいでシュールです。

2012年3月19日月曜日

NHK大河ドラマ「平清盛」第11回「もののけの涙」


ますます朝廷ダークサイドに突入のようだ。得子さんはいやだな。嫌われキャラまっしぐら。崇徳帝の棒の妙な感じがやんごとなきお方らしくていい。それにしても、この時代の天皇家、ほんとにいろいろと大変だったんだなと思う。権力と富と暇がありすぎると人間どこまでも堕落していく見本のようなものだろうか。あたりまえのことだが天皇家の人々も同じ人間なのだ。無論このような話日本だけではない。イギリス王室でも、フランスでも中国でも、あちらもこちらも権力の上に立つ人々のこういう類の話、世界中にころがっている。

この時代の頃の歴史を全く知らないので、宮中の権力争いがらみのことには毎回「へぇ~」などと驚いているのだが面白いなと思う。やっぱり、こういう楽しみは長い時間をかけて話を紡いでいける大河ドラマならではだろうと思う。感謝したい。欲を言えば、このあたりの話をもう一歩踏み込んで詳しくやって欲しい。

時代考証云々や人物の描き方など、こうしてくれればもっといいのになどと要望もあるが、もう文句だけを言うのは止めにした。それよりも楽しもうと思う。大河ドラマだもの。



今回は大好きな2人の女性がいなくなってしまって悲しい。たまこさまは出家するし、明子さんは亡くなってしまった。悲しい。この2人の美女、お2人ともそろって声が美しい。美人の定義ではまず顔が一番なのだと思うが、それ以上に女性の声というのもずいぶん印象が大きいものだと思う。得子さんがいじわるくがなりたててるのにたいして、この2人、声だけで美人だ。たまこさまがいろいろと乱れていたのに、どこか純粋で憎めなかったのも彼女の声のせいかと思う。明子さんの声も彼女の美しい顔と同じくらい涼やかで美しかった。もう、このお二人の声が聞けなくなるかと思うとかなしい。

余談だが、昔ロンドンに住んでいた頃、金髪の背の高いかっこいい青年が、大変小柄なインド人の女性にメロメロになっているのを目撃したことがある。バーとかそんな状況ではなく、単に会社の受付の女性と話していただけなのに、このスーツを着た育ちのよさそうな白人の青年、彼女と話しながら明らかにデレデレしていたのだ。階級社会の英国で白人のホワイトカラーの青年が異人種の女性に惹かれることはあまりない。この女性、見た目も可愛かったが、声が「」可愛いかったのだ。ちょっと面白い光景で記憶に残っている。いい声の女性は強力な武器を持っていると自信を持っていいと思う。ふふふ


ところで、関東の源氏サイドはずいぶん荒々しい。京都で比較的チャラチャラしている清盛君達と違って、義朝くんはかなり男っぽい。短い場面で残念だがこちらの話も面白そうだ。

それから清盛君、お坊さんを蹴飛ばしてはいかんと思うよ。お坊さんが可哀相だ。明子さんが亡くなったシーンで、こちらももらい泣きしていたのに、直後のこのシーンでまたまた大爆笑してしまった。あははははははは…まだまだ野蛮人ですね。こういうものも、ただゲラゲラ笑って楽しもうと思う。



2012年3月18日日曜日

映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/The Iron Lady 』:英国の現代史をもっと見たい



------------------------------------------------------------------------------------------------
The Iron Lady 2011年)/英・仏/カラー
105分/監督;Phyllida Lloyd
------------------------------------------------------------------------------------------------
ネタバレ注意





まず、メリル・ストリープさん、アカデミー賞おめでとうございます。100%納得。いつものことだけど彼女は素晴らしい。最初は、なんでイギリスの誇りみたいな人をアメリカ人が演じるのだなどと思っていたのですが、参りました。あまりのすごさに言葉が無い。英国訛りも何もかも全て完璧。スクリーンに映るメリルさんはサッチャーさんその人である。あまりのなりきりぶりに、まさに息を呑むとはこのことか。メリル・ストリープとは、本当に歴史に残る偉大な女優さんなのだと思う。

と書いた後で映画評に移りたいと思う。

この映画、あまり良くない。期待はずれと言ったほうがいい。というのも、この映画、あのサッチャーさんなのだから。あの、あの、偉大な鉄の女の伝記映画なのだから。実際これはひどいと思う。

ストーリーはサッチャーさんの現在から始まる。彼女はリタイアしたお年寄りだ。最愛の旦那様デニスさんもすでにお亡くなりになっている。時々娘が会いにくるし、自伝の本にサインをしたりと仕事らしいこともちょこっとやっているのだが、時折、亡くなったはずのデニスさんが話しかけてくる。どうやらサッチャーさん認知症らしいのだ。 え?? そんな現代のサッチャーさんが昔を振り返るという構成で話は進む。

思い出の中の彼女は若い。オックスフォード大学で化学を学び、研究者になり、そのころから政治に興味を持ち始める。1959年に34歳で保守党で政界入りする。そんな彼女のサクセスストーリーはびっくりするほど足早に過ぎていく。

問題はそこなのだ。彼女のサクセスストーリーが波に乗ってくると中断され、現在のお年寄りのサッチャーさんにもどってしまう。そこで、うだうだと1015分と過ぎていく。その後、ずいぶん多くの出来事をはしょってまたサクセスストーリーは再開する。そして、また現代に引き戻され…過去、現代、過去、現代…。こうやって、映画全体の半分は、幻覚や幻聴に悩まされる不安なお年寄りの話しに費やされる。それはないぞ!


だって、このサッチャーさん、ありえないくらい規格外の偉大な女性なのだ。まさに歴史に残る人とはこういう人のことをいう。コネもいっさいない若い女性が(女性に対して信じられないほど排他的な男性優位の)保守党に受け入れられ、それだけではなく、努力と、意思と、考えられないぐらいの聡明さで、周り中の頑固おやじ達をうならせ、その保守党のトップにまでのぼりつめ、ついには先進国の中で史上初めて、女性として国民に選ばれたリーダー=首相の席を勝ち取り、沈みかかった国を建て直し、必要とあらば、国を守るため軍を率いて戦争に突入するという。そんな普通では想像もできないほどの偉業を成し遂げた女性なのだ。かっこよすぎる。おまけに2児の母親だったりもする。


過剰な社会保障や、潰れかかった国営産業をかかえていた70年代の英国。1979年に54歳で首相に就任すると、それらをばっさりと切り捨てた彼女の英断は、他の人には出来なかったかもしれないといわれる。その独断の政策は「血も涙も無い」と言われるほどで、英国ではいまだに彼女に対して複雑な感情をもつ人も多い。あまりにも意思が強くて感情に動かされないことから「鉄の女」と呼ばれ(元々は1976年に敵国ソ連の新聞が貶す目的でつけた渾名。「融通のきかないガチガチ頭の鉄のような女」の意味。後日彼女本人が「強さ」を強調するものとして気に入って使用。瞬く間に国際社会でも知られるニックネームとなる)、問題があれば、多少の犠牲を払ってでも大鉈を振るうその政策は、多くの人の反感をかったりもしたのだが、結局、英国は彼女のおかげで立ち直ったのも事実なのだ。


それだけではない。彼女はまず女性だ。そもそも保守党というのは伝統を守りたい人が多い。彼女が政界入りした1959年、他に女性はいなかった。そんな時代に、この食料雑貨屋の娘は、たった一人で、自らの知性と意志の強さで自分の道を切り開いていく。最初は誰も彼女に期待なんかしていなかったはずなのだ。そんな男尊女卑のいじわるなおやじ達に笑われながら、歯を食いしばって人生を一歩一歩勝ち抜いていく。一つ成果をあげ、また一つ成果をあげ、そうやって保守的なおやじ達をひとりひとり自分の見方につけ、そして最後は首相にまでのぼりつめたのだ。それだけで、大興奮の映画ができてしまうではないか。


そんな女性なら、彼女の人生そのものがドラマであるはずだ。年取った彼女を見て面白いと思う人がいるのだろうか。それともあの偉大な女性を一般人と同じレベルに引き摺り下ろして、やっぱり同じ人間だと感傷的な話にしてしまうことがいいと思ったのだろうか。それなら、あの偉大な女性に対して大変失礼だと思う。

もし英国国内で、複雑な感情がまだ残っているのだとしたら、観客に改めて評価を問うような映画を作ってもいい。彼女の政策のために職をなくしホームレスになった人もたくさんいる。彼女のせいで大変な思いをさせられた人々の側の真実のストーリーを語ってもいいのだ。そうやって、政治家としての彼女の姿と、街の現実を対比させてもいい。


また、彼女には双子の子供がいる。この映画も多少子供達とのことに触れてはいるが、さらっと上をなぞっただけで、詳しいエピソードとしては描かれていない。仕事と家庭の両立、いつも心強い見方だった最愛の夫デニスとの夫婦愛。働く女性の大先輩として、それはそれはいろいろなドラマや葛藤があったはずなのだ。それが、あきれるほど、描かれていない。もう少しなんとかできなかったものか。


「鉄の女」と呼ばれ、誰にも出来なかった事を余裕でやり遂げた政治家、先駆者、偉大な女性。そんな彼女の話を見たかったと思う。

2007年、 81歳のとき、英国国会議事堂内に彼女の銅像が建立されたのだが、そのときのコメントがまたいい。「あら、私は鉄の像の方が良かったんですけどね、ま、銅像でもいいでしょ。錆びないしね。」まだまだお元気でいていただきたいもんです(笑)。



いっしょに映画を見たうちの米国人旦那Aも、かなりがっかりしたらしく、「もっとすごい映画になったはずだったのに、あんなに(神がかり的に)上手いメリル・ストリープの才能がもったいない」としばらく文句を言い続け、挙句にその勢いでアマゾンから絶版になったサッチャーさんの分厚い伝記を購入して、いま読みふけっている。ほんとにずいぶん不満の残った映画だった。

でも、メリル・ストリープはすごい。映画としてはともかく、もしすばらしい女優の演技を見たいと思うのなら、大変前向きにお勧めしたい。