2013年10月31日木曜日

NHK ドラマ10『ガラスの家』第9回「決意」(最終回)

 


まぁ…なんだな…このドラマの一番の問題は、レイちゃんに女性視聴者が一切共感できないことでしょう。

綺麗な顔、いいですよ。魔性の女、いいじゃないですか…。設定は上等。

しかしだね…この人、まーあきれるほど自分勝手なんですわ…。

義理の息子が惚れてくれて、自分でもどうにもならないくらい情熱的な恋に落ちたはずなのに、人ごとのようになんだかふらふらしてるのよ。


エリートの旦那がイジワルで優しくないからって、長男とネンゴロになるのも、愛のための決死の決断というより、「ああ寂しい…」ってその場でのいい加減な成り行きまかせでしょ。単にだらしがないだけじゃん。 …で翌朝にはケロッとすっきりして(笑)帰宅。待ってた旦那に「あたしはダメな女なんです」と宣言。開き直りか?(笑)…で、家も出てケジメをつけたのかと思ったら、ずるずると長男への気持ちを引き摺ってるじゃないの…。なんだか超かっこわるいのよ、レイちゃん。

(ドラマの回数を増やす為だけなんだろうけど)一度はきっぱり(長男とは)終わりにする…と本人の前で宣言しておきながら、「でもあの人(長男)がまた来るかもしれないアパートを引っ越せない…」とうだうだ言ってる。なんだかな。だいたいケジメをつけたいのなら、最初っから別の県にでも引っ越せばいいのに、なんで近所に留まってぐずぐずしてるのだ。


もうね…30代も半ばになった大人なのに、ただフラフラとケジメもつけられないような頭の悪い女は、現代女性の共感は得られないと思う。30代半ばは「恋は盲目」なんていいわけして、簡単に他人の生活をズタズタにして許される年齢じゃないです。すごく迷惑。

もし突っ走っても共感を得られる設定にするのなら、「そんなに好きならしょうがないよね…」と視聴者を納得させられるぐらいの説得力がないと。このドラマのレイちゃん達は関係も中途半端二人がどうしてそんなに惹かれあうのかもよくわからなかった。これが一番の問題。

そもそもこの話、単なる浮気じゃなくて義理の息子となんてすごくイヤな設定。こういうものをステキと思える感覚も変。実際に超めんどくさい関係でしょ。だからこそ二人がなぜ惹かれあったのかよほどの説得力や、せめて役者同士の強烈な化学反応がないと共感は無理。

なんだか最後はレイちゃんの方が急に積極的になっちゃったけど…なんで?


▲やっぱりカメラワークが変だ


このドラマ、もうただただ澁澤パパが可哀想。とんだ女にひっかかったもんだって感じですよね。レイちゃん、ちょー迷惑女でしょ。澁澤パパも普通に再婚したかっただけなのに…あんまりだ。とんでもない災難。長男とも一生絶縁でしょ。大変よこれ…。

まーレイちゃんもあれだけ周りを振り回しといて最後は漁村で長男とルンルン…なんて、誰もいいと思わないよな。レイちゃんは満足でも、元エリートの長男が塾の先生じゃ長続きしなそう…。生活を変えるってそんなに簡単じゃないですよね。

…と真面目に総評を書いてみた。

あ、ゴトーだけ幸せになったぞ…(笑)。


2013年10月30日水曜日

Perfume:能あるのちは爪を隠す


 
ダンスコンテストでもう一つ。最後に優勝者とPerfumeが踊ったんですけど、のっちさんがpinkchildさん達と打ち合わせしてる時、一人で仕切ってるみたいに見えた。おおおおおー!

状況的に、お客さんの前での打ち合わせというのは最初から分かっていたはずなので、事前からあ~ちゃんとかしゆかが客としゃべってのっちが打ち合わせをする…と決まってたのかもな…とも思うのですが、それでもね、なんかディレクターみたいでかっこよかったです。痺れる…。

おそらくもう3人ともプロとして、演出面でもいろんな意見を言うようになってるんでしょう。以前はアイドルとしてただ大人の指示に従ってたんだろうけど、もう明らかに違う。WT1-DVDの初回盤のドキュメンタリーNHKの番組でも、リハーサルで彼女達がいろいろと決定してるのが映ってました。

これからもますます、「創る人+見せる人」として…アーティスト+エンタテイナー+パフォーマーとして、どんどん創る側の割合が増えていくんだろうと思う。いい事です。



 

2013年10月29日火曜日

NHK大河ドラマ「八重の桜」第43回「鹿鳴館の華」

 

もうおしまいでござる。

とんだ茶番。

くだらんねぇ。だいたい八重ちゃんはなんでそこに登場する?
 
いきなり

「腕相撲で決着をつけんべっ!」って…

なんだなんだなんなんだそりゃ?腕相撲で人の結婚決めていいのかよ。それでエリートの山川兄弟が、大山どんと八重ちゃんの腕相撲を見て大盛り上がり大会。
 
「うてーっ!!うてーっ!!」

って何をうつ?(笑)ネタドラマ?
 
くだらんね。もうこんなものが正統派歴史ドラマとして通るのなら…こんな茶番を出さなきゃ視聴率がとれないのなら、もう日本人全体が馬鹿になったとしか思えん!こんな展開、現代劇でもムリだろうに…。去年の巻き毛の平安姫も頭にきたけど、ほんとにこんなレベルで大丈夫なのか…。国営放送の歴史ドラマよこれ…。
 
こういうのさえなきゃまともなドラマなのに…。山川さんちがらみの話なんてよかったと思いますよ。だけど真面目なシーンも飾り程度にしか出てこないから流れが全然見えない。もったいないよな。ほんとに腕相撲はなんとかしてくれ…(泣)。
 
それにオイっ頼むからあの品の無い「I can’t stand him.」ぐらいなんとかしろっ(笑)。そんなくだけた言い回し、いくらアメリカでも130年前には使っとらんだろう!
 
まあいいや…あとは惰性で見る…。
 
ああ大河が壊れていく…。
 


2013年10月28日月曜日

Perfume:かしゆかの目に涙



(画像はお借りしてます)

 
今日の諺
 
「かしゆかの目に涙」
 
意味;清きもの、美しいもの、なかなか見れないもの
 
 
かしゆかさんの普段イメージというのは、冷静で分析力に優れ、言葉で理路整然と物事の説明をするのが上手な方…というもので、あまり情感に流されるタイプではないと思っているのですが、いや…時に意外な場面で大粒の涙を流して泣いたりされるんですね。
 
今回もびっくりしました。
 
Profumoさん。13歳の女の子がたった一人で舞台に立った勇気。Perfumeが結成された頃の13年前に生まれた女の子を見ていろいろと思うところがあったんでしょうか。彼女に対するかしゆかさんのコメントがとても優しいお姉さんなんです。あ~ちゃんが泣いてるのものっちがニコニコしてるのも予想できたことなのですが、まさかゆかさまがあんなに泣くとは…。
 
やードキッとしますね…優しい人なんだなぁ…。
 
そこで一句… 
 
「かしゆかの 清き涙に もらい泣き」
 
 
 

2013年10月26日土曜日

Perfume:ダンスコンテスト第2回・速報!


キャー見終わった!面白かった!

Perfumen君おめでとうございます。「踊ってみたビデオ」の楽しさを教えてくれたのはPerfumenさん達です!すごく嬉しい。

Pinkchildさんもおめでとうございます!

ユキジさんもステキ 13歳の女の子も可愛かった。この子を見て泣くかしゆかさんにもらい泣き。

さて…今回の目玉…関ちゃんが可愛い可愛い可愛い…思わず似顔絵。


ユキジさんのかしゆかと握手してた

2013年10月25日金曜日

Perfume:あ~ちゃんのダンスのキレとは?



たぶんこういうところ…。



(お借りしてます)


ほとんど同じなんです。でも踏み出す足(つま先)の方向が3人とも違う

この画像では、左に1歩、右に2踏み出してるんだけど、あ~ちゃんだけ踏み出すつま先が3歩とも力の向かう外を向いてる。外・外・外と踏み出してる。

かしゆかさんは、脚の動きはまったく同じ動きなんだけど、つま先が前・前・前を向いてる。

のっちさんは、外・前・外かな。

よーく見ると、あ~ちゃんだけ足首にスナップをきかせるようにつま先を外に向けて表をとった直後、つま先を内を向けて裏をとってる。これすごいと思う。


3とも大きなリズムの取り方は一緒なんです。だけどわざわざ足首を回していちいち裏を取ってるのはあ~ちゃんだけ。たぶんはっきり裏をとってるから、あ~ちゃんだけ動きがぴょこぴょこして見える。

たぶんかしゆかさんは裏を肩で取ってるんじゃないかな。あ~ちゃんは裏を足首と膝、お尻(胴)で取ってる。だから踊っていても上半身が安定してる。足首とお尻で裏を取ってももたつかずにステップが踏めるのはたぶん筋力。そのあたりがなんとなくファンキーに見える。かっこいいです。


3人ともそれぞれが個性なんですよね。かしゆかさんの可憐な感じは、1歩踏み出した後すぐに2歩目の表をとりにいってるから。だからちょっとだけ動きも早いんだろうと思う。のっちさんが脚で裏をさらっととってるのに比べて、あ~ちゃんはお尻で裏をとるからリズムにタメができて、それがちょっとだけファンキーに見える。

リズムの取り方も多少違うのかもしれない。それなのにグループとしては綺麗に揃ってるのね。それがすごいと思う。ほんのちょっとの違いが絶妙な具合で個性になってる。これプロのダンサーを連れてきて完璧に動きを揃えても、Perfumeほど面白くて魅力的にはならないだろうと思う。

そのあたりのバランスもすごいなと思う。すごく面白い。Perfumeは見れば見るほど面白い。

 

Perfume:NHK「MJ presents Perfume×Technology 」



しばらく前に見ましたよ~。相変わらずPerfumeさんは素晴らしい素晴らしい素晴らしい。

Spending All My Time」「1 mm」「My Color」のパフォーマンスも素晴らしい素晴らしい。生歌歌ってるのね最後。ちょっとびっくりしたけどいいですね。バリバリのステージセットとレーザーダンスショーの時は口パクにして、数曲生で歌えばメリハリも付いていい。メッセージソングだしね。生歌演出はかなりよかったですよね。

ダンスももちろん素晴らしい。いつものPerfume様です。


さて肝心の真鍋さんとライゾマティクスさん。今までの彼らのPerfumeとのかかわりをまとめて見れたのは良かったです。ライゾマさんがPerfumeに(ポップスターと最先端技術という)世界でも他に類を見ない付加価値をつけているのは事実。普通だったらなかなか実現できることではないと思う。例えばグロバサイトのファンを取り込んだメディアアートなんて面白いですよね。こういうことが出来るのもPerfumeの力と運の強さだとつくづく思う。

しかし以前から思ってたんだけど、ライゾマさんの仕事って技術やアイデアはすごいんだけど、絵=ビジュアルとしてはちょっと弱い気がする。「見映え」としての視覚デザインのアイデアが技術に追いついていないんじゃないか。イメージに三角や四角、丸の幾何学模様ばかりを繰り返し多用してるのもつまらない。

JPNスペシャル」の映像も、カンヌの「Spending All My Time」のバックのスクリーンのイメージもほとんど幾何学模様が踊るだけ…面白くないですね。…特に「JPNスペシャル」に関しては暗い衣装の色やプロジェクションマッピングの画像が喧嘩して彼女達が殆ど見えてなかった。ダンスはすごいのにもったいない。

Perfumeならローテックでももっとすごい映像の演出ができると思う。Perfumeはあんなに踊れる綺麗な人達なんだもの。例えばビヨンセの映像の使い方なんかはやっぱりアイデアが練られてて見映えがすごいです。

ライゾマさんの仕事では、ちょっと彼女達のビジュアルの良さがもったいない使い方になっちゃってる。もちろん演出の意図次第なんですが(一番見映えが良かったのは去年の「紅白」。あと3Dのホログラフィックもすごかった)、全体的にもうちょっとPerfumeさん達のゴージャスで生々しい映像を使ってもいいんじゃないかなー…と思いました。

さてドーム公演はどうなるか…。



2013年10月24日木曜日

NHK ドラマ10『ガラスの家』第8回「新しい道」



んまー薄っぺらいドラマやな…。元よりネタ的なものしか興味がないので、政治関連は全く見てませんがどうでもいいよね。


さて今日の一番のツボは澁澤家・弟のゴトーナナミチャンに向けての

「結婚しようか…」

「んばぁかじゃねーの?!」
 
TVに向かって叫んでしまったぞ。おいおいそんなに簡単に結婚するのか。いい加減なヤツだな。そんないつのまにナナミチャンと仲良くなったんだよ。もう真剣お付き合いをしてるのか?裁判官と小説家ってカッコイイとか二人でウケてるし…(笑)。

 
 2のツボは菊池桃子ちゃんが「だからあなたは宅配便の制服を着ててもエロいんだわふふふひひひははは」…と笑うとレイちゃんもウケてふふふふふふふと笑い始める。ワタクシも一緒にウケて笑いましたわははははは…変なドラマ。

かし綺麗なレイちゃんは脳内独り言が多いですね。

ゴトーはツルッとした感じが何故か木彫りの人形を思い出す。ひょっこりひょうたん島とかさ…似てる。

しかしなんだな…長男の設定はありえんね。もう魅力ゼロどころかマイナスでしょー。ウゼーっ!もう無理絶対無理。あんなにしつこく付きまとわれたら顔を見るのもイヤになるぞ。子供じみてワガママに見境なく迫られたら怖いよ…イヤです。節度の無い色ボケ30男はアホに見える。ティーンじゃあるまいし。設定が変…髪型も変だ。

あんな風に一方的に男に迫られてそんなに嬉しいもんですかね…。あれって萌え設定なの?
 
今回は澁澤パパがちょっとかわいそうになってきたわ。ほんと。だって彼、何がどーであれ、今まで真面目に息子2人を一人で育てた人でしょ。すごいじゃないですか。

長男もそのことを全く忘れて、たかが顔が綺麗なだけの女一人のために父親を憎めるのか…。お世話になったお父さんにアリガトウも言えない30男もサイテーだと思うわ。そんな男に引かれるレイちゃんも馬鹿ね。

なーんて真面目にとっちゃいかんのだな…このドラマ(笑)。なのにブログにいちいち感想を書いているワタシ…。



 

2013年10月23日水曜日

Perfume:Japan Times記事「Level 3」レビュー


(今日二投目…。はー…Perfumeのために生きる日々。サクッと訳しちまったのでとりあえず…
 
 
またまたJapan Timesの記事です。今回は「Level 3」のレビュー。筆者は東京在住のPatrick St. Michelさん。アメリカの方でしょう。Esquire誌、 the Atlantic誌、the Los Angeles Daily News誌、the South Florida Sun-Sentinel誌などに寄稿されてるそう。またMakeBelieve Melodies.という日本の音楽に関するブログをなさっているらしいです。ちなみにこのお方はAKB48のことも書けるらしい。すごいな。まー東京にはいろんな方がいますね。
 
外国の方は(文化的なものでしょう)好き嫌いをはっきり書くので、ある意味面白いです(ま…私のブログもそうですが…)。褒めるばかりがメディアの仕事ではない。しかしこの記事はかなり好意的だと思う。正直な意見でしょう。殆どの曲を過去の曲と比べてダンス曲に改善・改良した…と言っているのは多少疑問ですが、基本的にいいアルバムだと言ってます。
 
これもまた海外への宣伝…ありがたい、ありがたい…。
 
 
以下、ワタクシの非常に大雑把な意訳。だいたいこんなことを言ってます。正確な完全訳はまたネット上にUPされると思います。
 


Perfume Level3
by Patrick ST. Michel

Level 3はライブですごいぞ。このアルバムはあ~ちゃんが中田さんにドームコンサート向きの曲を欲しいと言って仕上げられた。(初めてユニバーサルの懐から出た)Perfume4番目のスタジオアルバムは、彼女達がSkrillex風になり過ぎることなく、POP/EDMのライブグループになろうとしたもの。これはいつものPerfumeサウンドをレベルアップしたものではないけれど、(彼女達が)アリーナショーに向けてやりたいことのために曲を洗練させ改善したものといえる。

とくに過去に出されたシングル3曲のAlbum Mixでそれが顕著。3曲ともシンプルでキャッチーな曲だったけど、今回は長いイントロとアウトロをくっつけてでかいステージ曲にした(「Magic of Love」しかイケてないけど)。3曲とも元のシングル曲より良くなってるけど、「未来のミュージアム」はちと苦しいくらい(このアルバムに)似合ってない。

これらの新曲は、中田さんがPerfumeの過去(の曲)から、レーザーを使ったステージ映えする曲に進化させようと思索したものらしい。「Enter Sphere」は2007年の「Game」をもっと忙しくしたような曲だし「Sleeping Beauty」は「Butterfly」のよう。故障した機械のような「だいじょばない」は「JPN」時の「ねえ」や「Fake It」の改良されたものだろう。7分のセンターピース「Party Maker」は2009年「Edge」のEd Banger風ダンスフロアニヒリズム(←よく分からん=Ed Bangerはフランスのエレクトロレーベルらしいです。)から、このアルバム中一番の今風EDMな音になっている。中田さんはデカクやっちまってくれたぜ。(観客に降り注ぐホログラフィーの紙ふぶきが目に浮かぶ…)。

Level 3」はその大袈裟なスタイルを取り込みながらも、いかにもなEDM的な音を避けている、それにこれはPerfumeの一番長いアルバムだが(実は)ちと長い(すぎる)かも。たぶん一番面白いのはEDMサウンドを新しい方法で曲に組み合わせたものだろう。「ふりかえるといるよ」はピストンのようなデジタルドラムを使っているが、曲そのものはレゲエのようなシャフラーで、「Party Maker」で一晩中大騒ぎした後のミネラルウォーターの大きなボトルのようだ(←いい感じの一息)。「Point」はドラムンのビートに陽気なポップ(と可愛いハープ音)をのせた、過去2年間の中田さんの仕事の中で一番斬新な曲だろう。最後の曲「Dream Land」は、オルゴールの音と(また)ハープで始まって、またダンスビートと遊ぶ。これ一番綺麗な曲ですよ。

Level 3」の全曲はライブショーのプレビューみたいだけど、音の素晴らしさが全体に散りばめられていて、家で聞いてもすごくいいアルバムです。■


うひゃー実は大絶賛じゃない…!! 嬉しいねえ。時々チクっと刺すように本音が出ますがそれも一興。基本的に、ライブ用のように元気がいいが、家でじっくり聴いてもいいアルバムだと言ってる。私も同意見。

しかしここ最近のPerfume関連の情報はキリが無いですな。ワラワラ出てくるぞ…。