2014年3月31日月曜日

Negiccoの新曲『トリプル!WONDERLAND』は名曲です!



これ超いい曲!ものすごくキャッチーです。



Negicco - Triple! Wonderland(2014)


矢野博康(ex.Cymbals)プロデュースの新曲
「トリプル!WONDERLAN­D」2014年4月16日発売!
 
 
やっぱりこの子達が好き いい歌です。王道のポップス。素晴らしい。
 
ネギちゃん達の歌は毎回毎回、本当に楽曲の質が高いですよね。本当にいい。なんと元気に溢れて明るくて楽しいんだろう。なんだか私も元気が出るぞ。この曲はいい。本当にいい。
 
前回の『ときめきのヘッドライナー』も決して悪くはなかったのよ。悪くない。なぜここに紹介しなかったのか…あの昭和歌謡のしっとりとした出だしから、いきなりイケイケお祭りソングになっちゃう唐突さが面白くもあったんだけど、曲としての構成がちょっと単純かな…と思ったのでした。でもね…アノ曲は悪くないですよ。3人の声はいつもステキで明るいし、バックのうねるギターもとてもいい。ちょっとレトロな魅力。「声を聞かせてぇ~!」\(^o^)/イエー!!


しかしこの曲はもっといい。本当にいい曲です。素晴らしい!
 
それにしても、彼女達の歌の歌詞はいつもネギネギ言ってるのが面白いですね。ほとんどイロモノ的だと思うんだけどそれもまた愛嬌。やたら楽しい ネギネギ言われて戸惑いながらも…エエイもういいやネギ祭りに参加しちゃおうぜ…的な楽しさ。
 
でもねこの曲、実は歌詞もいいんです。ネギネギ言ってる間の歌詞はなかなか素晴らしい応援ソング。

---------------------------------------------

 3人寄れば ネギの知恵だぜ(Yeah!)
 ひとりじゃないから怖くない(ない!)
 泣き虫だって問題ないでしょ
 今 重い扉開けよ(Yo!)

 どこまで続く未来
 夢見ていてもいいよね
 奇跡を起こすよこの街から キミのハートへ
---------------------------------------------

 性格だってまるで違うし(Yes!)
 いつだって気持ちはUp Side Down
 落ち込んだって仕方が無いでしょ
 Keep on 今前に進もう

 Don't Be Afraid? 迷い込んでも
 この手を離さないでね
 3人いれば無敵のパワーが湧いてくる!

 ぐるぐる回る世界
 毎日生まれ変わってく
 明日も自分の色に変えて
 駆け抜けるよ
---------------------------------------------

 きらめいた季節は 恋のように
 いつか終わってしまうから
 さよならネガティヴ・ガールズ!
---------------------------------------------

すごくいいと思う。それにこのメロディがね…最高。「どこまで続く未来…」からのサビのあまりの素晴らしさに圧倒される。本当にいい。このブイブイいってるベースの音が懐かしー。リズムギターの音もかっこいいな。80年代あたりのフュージョン系のベースとギターでしょこれ。うわーなんか懐かしい。これも80年代レトロ? あの頃の山下達郎さんあたりを思い出すのはなぜだ。とにかくワタクシの年齢には嬉しい音。なんだかカエデちゃんの声が竹内まりやに聞えたりして…。

とにかくこの曲はいい。素晴らしい。最初に2回聴いたらもうこの曲のサビが頭の中でずーっと1日中鳴ってました。超キャッチーなのね。

この曲は売れるといいですね。こういうタイプの王道ポップスの音が今流行るのかどうかはさっぱり分からないけれど、流行りとかどうとかいう問題ではないんですよ。曲そのものが圧倒的にいい。本当に素晴らしいです。大きな拍手。


Negiccoちゃんのライブをどうしよう---------------------------

さて、私はNegiccoちゃんのファンというほど彼女達を追いかけているわけではないんだけど、彼女達のことはいつも気になっていて時々映像を探して見てます。1年前にこのブログにも彼女達の「あなたとPop With You!」と「圧倒的なスタイル」のことを書いてます。最初にビデオを見て「おっいいな」と思い、ボーカルトラックに被せた半分生歌のライブ映像を見て惚れこみ、「完全生歌にした方がいいんじゃないか」と書いたんですね。あれからほぼ1年経った。ちょっとそのことをまた書きます。ちょっと辛口です。

Negicco(ネギッコ)さんというグループ ---2013/3/25

正直に書きます。今の彼女達は完全生歌はやめたほうがいいと思う。コアなファンではない者からの正直な意見です。以前書いたエントリーの前言撤回です。

彼女達は最近のライブでは、バックのボーカルトラックを消してどの曲もダンスを踊りながら全曲完全生で歌ってるんですね。凄いことなんです。だけどそのせいか生歌の質が安定していない。ナオちゃんはピッチが不正確。メグちゃんは音程が不安定。カエデちゃんはのどが弱いのか声そのものが安定しない。いいときもある。だけどあれだけ踊ったら声が不安定になるのは無理もない。おそらく生歌でやるには踊りすぎてるんじゃないか。息切れして苦しいんじゃないかと思う。

あれだけ踊るのなら、やはり昔のように録音されたボーカルをバックに流して音を安定させた方がいいと思った。基本的に全て生で歌ってるんだから時々口パクになってもいい。以前見たボーカルトラック+半分生歌のライブ映像はとてもよかったと思う。本当は歌を優先するならダンスを減らしてもいいと思うんだけど、まさかダンスをやめるわけにもいかないんでしょう。

もっとボーカルトレーニングをして生の歌声そのものの質を安定させ、ダンスを減らして歌の質を上げるか、それとも以前のようにボーカルトラックをバックに入れて「声の音」そのものを安定させるか…どちらかにしたほうがいいと思う。

というのも、彼女達は曲が本当に素晴らしいんです。曲を聴いて気に入った人が、そのステキな曲を歌う彼女達を生で見たい、聴きたいと思うことだって多いだろうと思う。だからこそ歌のプレゼンテーションのライブは大切。

近年のアイドル界を見回しても、今の時代は一般的にアイドルの歌の質はそれほど求められていないんだろうと思う。だけど音楽が好きな人、いい曲を聴きたい人は今でもいます。Negiccoちゃんの曲は今まで彼女達のことをまったく知らなかった人も惹き付けるだけの魅力があると思います。

だからこそ今のライブのやり方では、私のようにコアなファンでない者には、曲がいい→ライブを見に行ってみようかな→行ってみたらボーカルが不安定→なーんだ…ということにもなりかねない。本当にもったいないんです。

私は3人のメンバーそれぞれの声もNegiccoちゃんの歌の大きな魅力だと思ってます。曲がいいのももちろんだけど何よりも彼女達のそれぞれの声がいい。だからライブでどんな理由であれ声が安定しないのは本当にもったいない。というわけで以前このブログに書いた「完全生歌にしたほうがいい」は前言撤回です。

ものすごくダイレクトに言いましたけど、これも愛  (*´ェ`*)。彼女達のことを、彼女達の歌をもっともっと多くの人に知ってもらいたい。3人ともそれぞれ可愛いし、もっともっと売れていいと思います。もっと大きいホールでライブが出来るようになるといい。そして沢山の女の子達がNegiccoちゃんの歌をカラオケで歌うようになるといいと思う。

Negiccoは本当にいいグループです。



2014年3月29日土曜日

BABYMETAL:3月15日付『babymetal net』からカメラマンDana Yavinさんインタビュー



これは日本のBABYMETALファンの間でもかなり有名な海外のファンサイトらしいです。カナダのJean-François Cloutierさんという方がやってます。アーカイブを見ると去年2013年の8月から始められたらしく(まだ私も殆ど内容を見ていないのですが)大量のBABYMETALに関する情報を紹介しています。熱心なファンですね。素晴らしい。

さてこの記事は、去る3月初頭のBABYMETAL武道館ライブの写真を撮ったカメラマンのインタビューです。巷にも広まっているこの写真のカメラマンです。



Exclusive(独占記事)とあるので、このサイトだけのものらしいのですが、この『babymetal net』が個人のサイトであることから、ここに全訳をそのまま載せるのはまずいかと思うので、とりあえずこのサイトのリンクを紹介して、ここには訳とも呼べないような大変大雑把にまとめた意訳を書こうと思います。
 
内容は、とにかく褒めてくれてます。世界の一流のミュージシャン達を数多く見てきた方がこれだけ褒めてくれているのは特筆に価すると思います。BABYMETALは間違いなく世界クラスだという証拠でしょう。すごいですね。
 
 
------------------------------------------------------------ 
元記事はこれ
http://babymetal.net/exclusive-interview-photographer-dana-distortion-yavin/
------------------------------------------------------------ 

Exclusive interview with photographer Dana (distortion) Yavin
(写真家Dana Yavin独占インタビュー)
By Jean-François Cloutier
2014315

BABYMETALファンなら、おそらくもうこの写真を見ただろう。BABYMETAL公式のTwitterにもこの写真は出ている。この写真を撮ったDana Yavinさんの独占インタビューをご紹介。

・自己紹介
ニューヨーク出身の音楽関連の写真家。ニコンの2種類のカメラを使い、ショーの状況によってレンズを使い分ける。

BABYMETALのこと知ってた?
知ってたしネットでもチェックした。しかしとにかくショーは予想以上…ショッキングだった。

・どうやって行ったの?どうして招待されたの?どんなものか知ってた?
飛行機と電車(笑)。友人を通じてマネージャーから招待された。元々ローリングストーンズのショーを撮りに日本に行った。でもBABYMETALはずごかった。見れて撮れて良かった。パワフルでプロフェッショナル。彼女たちは素晴らしい。客もいい。予想できなかった。

2回見た?1回?
1日目を見た。翌日は大阪に行ったけどもう1回見たかった。

・どう思った?
素晴らしい。非常に高いレベルのパフォーマンス。世界中でスーパースターになると思う。メタルファンじゃなくても楽しめる。ユニークで新鮮。こんなの見たこと無い。

・現象になるかな?それとも一発屋?
流行りものではないけど彼女達はとても才能に溢れているし成功している。でも大人になったらどうする?

・彼女達に会った?
会った。すごく喜んでくれた。可愛いし写真も気に入ってくれた。サウンドチェックの様子も撮ったので、完成したライブを見るのは楽しかった。

・ゆいちゃんが落ちたのは写真に撮った?
たぶん撮ったんだろうと思う。知らなかったけど後で話を聞いた。その写真は出さない。私はアーティストのプライバシーを尊重するから。彼女達は一生懸命。ゆいちゃんは翌日も全力でがんばったんだからそれが一番大切。

・何枚撮った?
よく分からない。最終的に80枚をマネジメントに送った。

・他の写真も将来出る?
BABYMETALのマネジメント次第。たぶん出る。

・次の予定は?
エルビス・コステロ。ニュヨークとその後にカリフォルニアのフェス。いつも楽しい。
---------------------------------------------------------

訳とも呼べないような大雑把な意訳ですが、だいたいこのような内容です。詳しくは元記事を。

「とにかくライブが素晴らしかった。こんなにいいとは予想していなかった。ショッキングだった。パワフルでプロフェッショナル。びっくりした。もう1回見たかった。素晴らしい。高いレベルのパフォーマンス。世界でスーパースターになれるはず。ユニークで新鮮。今までこんなの見たこと無い」…と絶賛絶賛大絶賛!

いやー素晴らしいですね。私もこの武道館ライブは映像ソフトが出たら買うと思います。

やっぱりBABYMETALは生バンド!

 

2014年3月28日金曜日

Perfume:くまちゃんと一緒



昨日はつれない内容を書きましたが…




これを避けて通るわけにはいかぬ…むむ

…こんな裏技を出されると無視するわけにはいかぬではないか…

カワイイのぉ…

こんなに可愛い写真ならPerfumeもまた登場である。

くまちゃんは身長が160cmないのね…カワイイ

ハッ…いかん…アイドルPerfumeに反応してはいかぬ…

ワタクシは硬派なPerfumeファンなのである…。


2014年3月27日木曜日

Perfume:あ~様のラジオ番組-亀ブログとPerfumeの関係



これ書こうかどうしようか迷ったんですけど、ここまで大きなニュースなら一言書いとこうかなと思う。ちょうどこのブログとPerfumeの関係を考えていたところなのでいいタイミング。これを機会に海亀ブログとPerfumeの関係をはっきりさせておきましょう。

今度あ~ちゃんが四国で単独のラジオ番組をなさるらしいです。単発ではなく毎週継続の番組らしい。へぇーびっくりだな…それは…!!!

こりゃー予想してなかった大変化球。びっくりし過ぎてしばし考え込んでしまいましたよ。しかし…そうかそうか…そういう風にPerfumeも変わっていくのか…。そろそろそういう時期ですか…。

いやーこのブログも、一時はPerfumeの追っかけブログ風だったわけですが、去年のドームコンサートが終わってからさっぱりネタがなくなってしまったんですよね。対バンライブにドラマの主題歌、アイドル番組の司会、何かのフェス、そして今回のあ~様のラジオ…、はっきり言って全部全く興味が無い…。

そうこうしていたらBABYMETALちゃんというすごく面白いものが出てきた。世間も騒がしいのでついついそちらに目がいってしまう。それもしょうがない。

というのも私、実はアイドルPerfumeにはほとんど興味が無いんですよ。私がPerfumeに熱くなる時は、Perfumeが新しいタイプのアーティストとして、かっこいいパフォーマーとして、ステキなポップスターとして、キラキラ輝いて先端を走ってる時だけなんですよ。

中田さんの作るかっこいい音楽、誰にも真似の出来ない完璧なかっこいいダンス、独創的なMV、ライブでの複雑なステージデザイン、最先端の技術とのコラボ、海外でのライブにも挑戦してくれること…私がそれらについて夢中で文章を書き綴っていたのも、全てPerfumeがアーティストとして攻めていたから。一歩前を走っていたからです。だからファンになった。

こちらの勝手な思い込みというだけなんですけどね。

これからはもしかしたら「最先端なかっこいいPerfume」と「親しみやすいアイドルPerfume」の比率が変わっていくのかも。それはそれでいいんだろうと思います。タレントとして落ち着いてきたということで、それがPerfumeの行きたい方向なんでしょう。それもまたよし。

ただそんな仕事内容の比率が変わってくれば、このブログでPerfumeのことを書くことは少なくなるかもしれません。以前は、彼女達の体形を比べたり、ダンスについて語ったり、ビデオについて考えたり、3人の人となりを想像したりと、Perfumeの魅力についての文章もよく書いてましたが、そういう視点でPerfumeを分析するのも一段落しましたもんね。かなり出尽くしてしまった。

これからは、新曲や、新しいステージ、ミュージックビデオと、何か面白いことが出てきたときにまたのんびりと「Perfume日記」を更新していければと思います。またそのうち忙しくなって毎日更新する日々も来るかもしれません。

ともかくそれまでは、しばらく「Perfume日記」はゆっくりといくことになると思います。



2014年3月26日水曜日

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」第12回「人質松寿丸」



この大河、本当にわかりやすいですよね。実に単純な話だ。それがいいのかどうかは、もう私にもよくわからない。しかしとにかくわかりやすい。コレぐらいわかりやすければ私を含む歴史に詳しくないアホな視聴者も脱落することはないであろう…。

今週のお題はズバリ、
人質話
そういうことでした。


信長の家臣・松永久秀が謀反。当然人質に取られていた久秀の息子二人は見せしめの為に処刑される。そんなこともいろいろあって心配になった信長が播磨の小寺の息子を人質として差し出すよう命令。もちろん小寺さんは「イヤだ」。しょうがないので黒田が代わりに息子・松寿丸を差し出すことにした。もし信長に逆らえば息子の命はない。光ママも爺ちゃんも泣く…というお話。

いつものこのドラマのノリから、今回の松永久秀の話もとってつけたような「誰もが知る有名な逸話」の再現なのだろう…とばかり思っていたのだけど、今回は官兵衛君の息子の人質話を語るためのイントロみたいな扱いになってました。

…というわけで、今回は黒田の家族と息子・松寿丸との別れの話


ところで小寺さんが息子を出さなかった理由というのはなんなんでしょうかね。人質を出さないということは、実際には信長の命に背いてるわけで、かえって危ないですよね。それに実際に「家臣の黒田の息子で代役」で筋が通ってしまったことも驚き。だって部下の黒田が信長と直接主従の契約を結べば、黒田と信長が組んで小寺を襲うことだって出来るわけですもんね。そうやって信長は黒田を使うこともできるわけでしょう?小寺さんは怖くなかったんだろうか。官兵衛君も信長の前で「小寺をなんとかする」じゃなくて「小寺は乗っ取ってしまいましょう」なんて思わなかったんだろうか。


●それでは今日の良かった点

・お紺さんはどっしりとしていい。
・岡田官兵衛君のパパぶりも板についてきた。まだお兄ちゃん的な雰囲気はあるものの、子役との絡みの場面はいいと思った。この人は子供が好きなのかも。いい感じ。
・秀吉は安定していい。
・城攻めの映像。短いけど戦の映像は相変わらずいい。破城槌の先にカメラをつけた画像は盛り上がった(笑)。\(^o^)
毛利3人コントが帰ってきた。
・子役の松寿丸がなかなかいい。可愛いぞ。健気やね。今回の脚本はこの子が主役だな。いかにも時代劇ドラマっぽくていい。
・とにかく岡田官兵衛君が馴染んできましたよね。落ち着いてきました。最後のノブさんとの男の11の対決もなかなかいいじゃないか。
・ノブちゃんもいいぞ。しかしこの人はなんで髪の毛が多いの?剃らないの?
・休夢叔父さんのツルっとした頭を見るたびに、ノブさんはこの人にやってほしかったとつい思ってしまう。
・黒田(柴田)パパの真面目な表情はいい。
・秀吉がやってきた。姫路に秀吉が着いた場面はなかなか感動しました。官兵衛君も嬉しそうだ。やっと官兵衛表舞台!


●今週のダメだし

・あの…光さんに「お二人目はまだですか?」って…もういい加減にしろ!しつこい。
今週の最大の問題は光さんのヒステリー。これは困った。中谷さんは現代劇ではいい女優さんだと思うんですよ。今回も松寿丸を人質に出したがらない母を熱演されてましたが…くー…これは評価が難しいよなぁ…。脚本の意図は分かるんですよ。「なりふり構わぬ母の愛は深い」がテーマなんだろうと思うのだけど、いかんせん今回の光さんは単なるヒステリー女に見えてしまった。先週も目先の事ばかりで夫に小言を言ううるさい奥さんでしたが、今回も同じなのね。この女性はものすごくわがままに見えてしまう。黒田家の将来や息子の健気さ、夫の出世の事なんて全く考えずに、「アタシが悲しい思いをしたくないからお前は人質なんかに出るな」ってギャーギャー叫んで息子を張り倒してるんですよ。なんだか自分が可哀想なだけのヒステリー女に見えてしまう。脚本にも問題があるだろうし中谷さんにも母親らしさが見えない。ああいう時代に武家の娘として育ったのなら、せめて状況を理解するぐらいの知恵はあるだろうに。せめて泣き崩れるぐらいでいいんじゃないか。なのにまず夫を怒鳴りつけ、子供に対してもあんなに怒りの感情を爆発させるのも困ったものです。どうも自分が自分が…なわがまま女に見えてしまう。これは問題でしょう。熱演も役に説得力を持たせなければ無駄。役者さんが熱演をされているだけに困ったなという感じ。この場面、世間では結構ウケてるらしいのもよく分からない。わたしが年寄りなだけでしょうな。
・ノブちゃんは頭を剃れ!
・おねさんは一瞬のコメディはいらない。しかし松寿丸に向けたおばちゃん風の口調はたのもしくて良かった。