2014年5月29日木曜日

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」第21回「松寿丸の命」



今週の一番の快挙は岡田さんの、

官兵衛イン土牢の思い切ったなりきり演技演出

でございましょう。イヤー立派立派!よくぞ汚れて下さいました。素晴らしい素晴らしい素晴らしい。
 
何をおいても今年の大河、某有名芸能事務所のアイドルさんが主役…それもあの黒田官兵衛を演じる…ということで、「さて(綺麗どころの)人気アイドルの俳優さんがどこまで真剣に汚れてくれるのか…だってあの官兵衛なのよ…」は、大河ファンの今年前半5ヶ月間の一番の懸念だったと思います。
 
というのもこの大河、初回の小田原で敵の説得に向かう場面の官兵衛は、
 
かなり普通。

髪もふさふさ顔もツルツル。どこかに傷があったかなんて覚えてないくらい普通にアイドル顔。あまりに普通の綺麗な岡田さんなんで、矢も避けちまった…なーんて感じだったので、

はて…あの有名な土牢監禁の場面はどうなるのや…?

というのは皆様の大きな心配だったであろうと思うわけです。
 
岡田さんやって下さったと思います。あれで十分です。素晴らしい。

泥水につかって汚れメイクをしてただ苦悩するばかりでなく、泥水の床にこぼれたお粥をはいつくばって犬食いをするというど根性演技。やったな。岡田さん本気ね。見直したわ。
 
アイドル枠のフィルターがあるため多少甘くみてしまうとはいえ、あそこまでやって下されば満足。よくぞ思い切って下さいました。立派。大きな拍手。事務所的には大丈夫だったんでしょうかね。
 
 
先週も書きましたが、このドラマは役者さん達の熱量が非常に高い。それだけでも毎週楽しみ。今週は柴田恭平さんが凄かったですね。泣けました。素晴らしいです。音楽のバンドと同じで俳優さん達の演技は化学反応。いい演技をしようとそれぞれが競争するぐらいの状態で演じていると、時にとてつもないものが出てきたりする。真剣勝負が見えるとこちらもドキドキします。それが非常に面白い。
 
 
★あらすじ
 
官兵衛は有岡城の土牢に監禁されている。織田軍の有岡城総攻めが敗退する。喜ぶ荒木村重…が、毛利の援軍は来ない。味方を失ってキレたノブ様は、官兵衛が裏切ったと勝手に思い込み、その子・松寿丸の処刑を命じる…が、半兵衛が密かに匿っていた。官兵衛が幽閉されてからもう半年以上が過ぎた。
 
 
●流れと感想
 
・官兵衛は有岡城の土牢へ幽閉されている。
・官兵衛の家臣数名は、官兵衛を救うため有岡城下へ忍び込み町人にまぎれて暮らしている。
・それにしても官兵衛の土牢は大変だ。暗いジメジメ狭い虫もいる…私は1時間ももちません、いや1分ももたないな。
有岡城 織田軍の総攻撃を受ける。その喧騒を官兵衛が聞いている。ブツブツ独り言を言う。
摂津ノブ様の陣 織田軍苦戦の報告。ノブ様は意味も無く机をバシバシ叩いて憂さ晴らし。やっぱり機嫌が悪い。
・なんとあのイヤミな仙千代も有岡城で討ち死。
摂津ノブ様陣 ノブ様がキレて机を蹴っ飛ばし立ち上がる「官兵衛が裏切った!松寿の首を刎ねよ」←ひどいいいがかり。止めた秀吉もあえなく蹴飛ばされる。うわーこのノブ様は極悪やね。いいぞ。もっとやれ。秀吉もいたたまれない顔。理不尽な上司に足蹴にされる中間管理職の苦悩。
・そこへ、病弱だけどドS優等生竹中半兵衛が「それがしがやります」秀吉ガーン…。
有岡城 荒木ちゃん「はっはっはっはっはっはぁ」と大笑い。ノブ様に勝って喜ぶ。よそよそしいだしちゃん。村重急に真顔になって「だし、隠れて官兵衛に会うておるまいな」キターコワイ…。
土牢の中では孤独な官兵衛がまた独り言をブツブツ。
有岡城城下 官兵衛の家臣達がガミガミ論争中。あっ道ちゃんがいる。赤ちゃんはどうしたの?彼女は優秀なスバイです。キレるもこみち太兵衛。おさえる善助。熱い九郎。
長浜城 おねさんを竹中半兵衛が訪ねる。松寿の事を伝えると泣くおね。松寿君はかわいい。
有岡城土牢 村重がやってくる。官兵衛に「松寿丸が殺されたのでわしにつけ」村重さん目がイってます。
姫路 秀吉が松寿丸の件を黒田家に伝えに来た。これ黙ってればいいのに…と思ったけれど、他から噂が伝わるよりは直接言った方がいいということでしょうか。
・この場面の中谷さんがしっくりこない。なにかがおかしい。泣き方も台詞も演技も不自然。気が強すぎるのか、おんなおんなし過ぎているのか、女優さんの自己主張が強すぎる。取り乱す感じもやりすぎ。キャラが合ってないのかな。何かがおかしい。
黒田パパ柴田さんの名演。「秀吉様、それがしの独り言を聞いて下さらぬか…」からの演技で泣いた。魂の演技。本当に素晴らしい。凄いです。
・だからこそこの場面の秀吉のとってつけたような台詞は違和感ありあり。脚本の問題。
有岡城下 家臣達が騒いでます。官兵衛の死のニュースが伝わった。もこみち太兵衛の単細胞キャラはかわいい。皆泣く。
有岡城土牢 だしがやってきて言わなくてもいいことをぺらぺらと喋る。ますます辛くなる官兵衛。この場面は不要。官兵衛には残酷。やっぱり官兵衛壊れる。
安土城 お正月のお祝い。ノブ様の大谷直子ママ登場。うわー迫力。声が怖い。この世代の懐かしい女優さん達がもっと見たい。
有岡城土牢 官兵衛は壊れたまま。
有岡城 村重に毛利からお手紙。援軍は延期だそうだ。あせる村重。…ところで城内に九郎右衛門が忍び込んでます。
有岡城土牢 なぜか牢番が官兵衛に優しい。
美濃菩提山 半兵衛を訪ねるおね。松寿丸は無事でした!生きてます!実は事前に示し合わせてあったもの。黒木おねさんがお母さんの顔。
姫路 黒田パパの元におねさんからお手紙と扇が届く。それで松寿丸の無事を知る。しかし台詞での説明が多い。説明は全く無しでも気付くぐらいのほうがいいのに。しかしそれにしてもこの状況で織田側に付いた黒田パパも凄いです。
有岡城土牢 官兵衛壊れてます。外は雪。髭ボーボー。鼻先を水につけ目を覚ます。岡田さん熱演。
・だしさんが牢に来て看病してます。おい、いいのか。窓に藤の蕾
・こぼれたお粥のシーンで絶句。ほぉすごいねぇ。
・時は流れ…窓の外には藤の花が咲く。もう5月か…?官兵衛君の汚れメイクがすごい。髪の毛もすごいぞ。よくぞ汚れてくれました。大きな拍手。

 

2014年5月26日月曜日

BABYMETAL;カナダのメタルフェスにも出演!



公式のtwitterでは523日に発表。今度は89日にカナダ、モントリオールのメタルフェスに出演だそうです。


 ひゃーすごいな。またメタルフェス?こういうのってお呼ばれして出演が決定するんでしょうか?やっぱり期待されてますね。すごいなー。

知ってるバンドはほとんどいません。名前と12曲ぐらいなら聴いた事があるのはMetallicaSlayerThe OffspringAnthraxThe Twisted Sister(←まだいるのか!笑) ぐらい。しかし大御所の懐メロ以外にも結構色々といるんですね。

そんなわけでBABYMETALさん、カナダのメタルフェスにも出演です。

メタルフェスは本当に客の実態がよくわからないので多少不安もありますが、周りの大人の方々は女の子達を守っていただきたい。英国のフェスのことを書いた時には「英国人は常識的な人が多いから大丈夫だろう」などと思ったのですが、カナダはどうなんでしょう?これからもしアメリカのメタルフェスなどという話があったら、もうさっぱり予想できないです。アメリカのメタルファンは野蛮だと思うわ。

しかしワンマンならぜひアメリカにも行って欲しいなぁ。81617日には日本のサマソニに出ることも発表になったらしいのでどうなるんだろう。

ところでロンドンのThe Forumまた完売だそうです。

いろいろと凄いですね。応援するわ。\(^o^)/


2014年5月24日土曜日

Perfume:新しいお写真です



新しいお写真です。


ほぉ~大人っぽくなったもんだなぁ。今度は中華風?ゲームのコスプレみたいかも。なんだかムチっと大人ですね。すごいな。今まで無かったほどセクシー路線?いいじゃないですか。嫌いじゃないぞ。いいぞ。

このお写真は今度の7月にリリースされる4曲入りシングルのイメージ写真だそうです。曲名は「Cling Cling」だそうで…なんなんですかね。どういう方向なんだろう?

去年のアルバム『Level3』が大変素晴らしい音もの路線だったのに、直後の年末に出たシングル「Sweet Refrain」はベタな歌もの。そして今年のNHKドラマの「Hold Your Hand」も、これまたベタベタの甘系歌もの路線だったのですが、今度のこの妙なタイトルの新曲は、さていかがな方向になるのか?

対バンの「Perfumeバンドと仲良しヤッホー楽しいな路線」も、あ~様の「ふわふわ女の子ラジオ路線」も、「お手々つないで可愛い普通の女の子Hold Your Hand=みんなお友達路線」のMVも…、今年に入ってからのPerfumeの活動は、全て「硬派なLevel3―ハイテク真鍋―テクノなプロの踊り子 お姉さんPerfume路線」とは全く違う方向に行きつつある印象で、正直なところ、これからどうなるのかよくわからなくなってるんですよ。

もしかしたら、もう「かっこいいPerfume路線」はやめちゃったんじゃないのか…?

そんな状況で出てきたこのお写真…ますますわからなくなってきました。

それにしてもすっかり「綺麗な大人の女3」になりましたね。
ともかく期待しましょう。

 

2014年5月21日水曜日

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」第20回「囚われの軍師」



毎週毎週このドラマ、ワタクシ「脚本が脚本が…」とほざいておりますが、しかしこのドラマの俳優さんたちは本当に素晴らしいと思います。もう脚本がなんであれ、俳優さん達がこんなに素晴らしいのなら、それだけで見入ってしまう。皆かなり押せ押せの熱い演技なんですが戦国時代ですからね。毎日が極限の状況ですから熱い演技も合ってると思う。俳優さん達の演技で引っ張っていけるドラマになってきた。

今週は、黒田(柴田)パパと、荒木さん、それに官兵衛君も良かった。そして何よりも、今週の一番の驚きはだしの桐谷美玲さん。最後の荒木さんとのやりとりが素晴らしかったです。この女優さんは、以前官兵衛に宴会で色目を使っていた頃ははあまりにも演技が軽くて、まだ慣れてないのかなと思っていたのですが今週は本当に良かった。この回で彼女は一気に飛躍しました。

最後の場面で荒木村重=田中哲司さんがゴリゴリの熱い演技をしていて、それにつられて彼女もいい演技を引き出された感じ。村重が「おまえだけは信じていた」と彼女を怒鳴りつけると、目を大きく開いたまま泣き顔になる。そして夫が憮然と立ち去った後の「一瞬ほっとしたと同時に(夫を裏切るという)取り返しの付かない事をしてしまった後悔」の一瞬の表情がまた最高によかった。短い場面ですが桐谷さんはいい演技を引き出されたんだろうと思います。俳優さん達の化学反応。こういうのを目撃するとドキっとする。


現代の若い俳優さん女優さんたちが、現代劇のおだやかなドラマをやっているだけなら、あまり必要とされない演技ってあると思うんですよ。熱い演技、怒鳴りあい、ゴリゴリ押せ押せの感情の爆発、耐える演技、心に秘めた怒り、悲しみ…悔しさ…恨み…憎しみ…。明日は死ぬかもしれない、友人が死ぬ、家族が死ぬ、友人が裏切るかも知れない、部下が裏切るかも、妻や子供が殺されるかも…。そんな極限の状況なんて今の日本の現代人には全くリアリティが無い。

現代を舞台にした殺人事件のドラマでさえも、犯人は変わり者、特殊な人…と思えば、それほど感情移入をする必要もないし、話としても一般にはほとんどリアリティがない。

だけど、歴史時代劇…大河ドラマって、どんな極限の状況が起こっても本来全てリアルであるべきなんです。だって過去に実際にあったことなんだもの。

内容がどんなにシリアスな場面でも、経験の少ない若い俳優さんが無理矢理脚本に合わせた上っ面だけの演技をすると、結果的に作品の雰囲気が漫画っぽくなってしまうことは結構多い。近年の大河の薄っぺらさは、若い俳優さん達の演技に説得力がないことによるものではないか。

平和な時代に暮らす現代の若い俳優さんたちが、リアリティのある(史実を元にした)時代劇を再現するためには、現代劇とは違う演技が必要。現代では想像も出来ないような極限の状況を再現するために必要なのは想像力。若い俳優さん達がそれを学べる最高の場こそが大河ドラマなんだと思います。経験豊かな先輩の俳優さん達から演技を学ぶこともできる。今週の桐谷さんと田中さんを見ていると本当にそう思う。やっぱり歴史時代劇は文化として残していったほうがいい。

今年のこの大河ドラマは、全体に出演者の方々の熱量が高くて素晴らしいと思います。


それからもう一つ。今まで散々江口さん=ノブ様のイメージが違うと言っていたのですが、これはこれでいいんじゃないか…とも思えてきました。相変わらず顔や印象は全然違う(笑)。というのも江口さん有名な信長の肖像画に全く似ていないんですよ。顔が四角いし。しかしこのドラマでの江口さんの信長はこれはこれでありかも…と思えてきた。

ものすごく大柄で大雑把…だけどいつもピリピリしていてすぐにキレるノブ様は、荒くれ者ヤンキー風で史実の信長のイメージとは全く違うけれど、このドラマではそれなりに馴染んできた。だって十分怖いもん。カメラワークもピリピリしてます。知性はあまり感じないけど野蛮な暴君風なキャラは決して悪くない。江口さんの演技も板についてきた。いつも怒っていて大雑把で繊細さのかけらもなく、なんだかイヤな感じのノブ様ですがこれはこれでキャラとしていい。一番の問題はすぐに濃姫と絡める軟派な脚本だろうと思う。


★あらすじ

官兵衛が有岡城で幽閉される。荒木村重は「味方になれ」と迫る。ノブ様は村重討伐のため摂津へ進軍。姫路の黒田家は官兵衛死亡の噂に揺れる。荒木軍から高山右近、中川清秀が離脱し信長へ下る。愛妻だしも裏切る。愕然とする村重。


●流れと感想
・官兵衛は有岡城にて幽閉される。
姫路城 黒田家では会議。
摂津信長陣でも会議。官兵衛の噂。(ノブ様が怖い)
有岡城 荒木ちゃんとだし。だしが(先週)「官兵衛に来てくれとお手紙書いた」と白状。村重唖然「御着には官兵衛は死んだと伝えた」
御着城 小寺殿の表情。(家臣の二人の顔がそっくり(笑))。
有岡城 村重が牢の官兵衛に会いに来る「味方になれ」。官兵衛「信長か勝つ」。(岡田さんの真面目な演技がますます良くなってきました)
摂津信長陣 2人の宣教師が呼ばれる。ノブ様「(荒木軍の)高山右近を説き伏せよ」
高槻城 その宣教師2人が右近を訪ねる。ノブ様の言葉を伝える「右近がワシに逆らえばキリシタンは皆殺し」(こりゃー選択肢はないな。)
有岡城 だしと官兵衛。だし「お手紙を出してごめんなさい」官兵衛「城の見取り図をくれ」(この場面、さらっと事務的であまりベタベタと無駄な恋愛ものにならなくてよかったです。岡田さんは今も時々台詞が聞き取りにくい)
姫路城 御着から官兵衛死亡の情報が伝わる。黒田パパ「何があっても毛利にはつかん」「いざという時がきたら官兵衛を捨て松寿を生かす」(黒田パパ=柴田さんの熱演。素晴らしい!)
・黒田家臣団がもめる。元小寺の家臣は御着に帰ると言う。又兵衛も御着へ去る。(荒ぶる太兵衛もこみち君がいい)
長浜城 松寿丸くんはいい子。
摂津信長陣 高山右近が断髪に白装束で参上。「ただキリシタンとして生きたい。だめなら殺してくれ」ノブ様「お前がわしに付けばキリシタンは救われる」。右近ノブ様に下る。
有岡城 それを知って焦る村重。(田中さんはいつも素晴らしい)
・荒木軍の中川清秀も信長に下る。(←えええええええええええええ?)清秀「右近が(信長に)下ったら荒木に勝ち目はない。強きものに付くのは世のならい」許される。「官兵衛は生きている」(ノブ様ピリピリ怖い)
姫路城 家臣団が忠誠の誓い。その後家臣3人は有岡城へ忍び込む。
有岡城 城の見取り図を手に入れた官兵衛は脱出を図る。だしが手伝う。そこへ村重登場。(キーター!)官兵衛抵抗するも捉えられて土牢へ幽閉。(官兵衛身体能力高し。これで見納め?)だしの裏切りを知り愕然とする村重。(荒木ちゃんはやっぱり素晴らしい)だし泣きくずれる。キリスト教の礼拝堂で賛美歌を歌うだし。信徒達の歌声は土牢の官兵衛にも聞こえてくる。(←この最後の一連のだしさんが泣ける。キリシタンの悲劇の女性といえば『黄金の日日』のモニカ…)

それにしても相変わらず話そのものの内容はツッコミどころが多いんですが…。もうそれはしょうがない。

 

2014年5月19日月曜日

BABYMETAL:NYに行かれていたそうですよ



513日が最初かな?有名なアメリカの写真家Dana Yavinさんとのニューヨークでの写真撮影の様子がtwitterで紹介されまして、日本のファンがネット上で大騒ぎ!その後、何をやっているのか詳しい内容はあまり出てきませんでしたが、公式のサイトにはいろんな写真が紹介されてました。
そして最新の写真とともに「Good Bye NYC!」のメッセージが出たのが今日19日。なんと1週間もニューヨークに滞在したみたいです。

わー何をやったのかなぁ…ドキドキ。いいですね。仕事とはいえ1516歳で海外なんて楽しいだろうな。それもアノ有名なBABYMETALとして…ですからね。ロックスターとしての渡米なんてすごいことなんだよなぁ。

3人とも表情が明るくてとても可愛い。

子猫です。

この3人の女の子達が、ここ数ヶ月で大きく開いたドアの向こうの新しい世界で、数え切れないほど沢山の楽しい経験ができますように…  (*´ェ`*)

 

2014年5月15日木曜日

Perfume:ゆかちゃん、じゃんけんをしようじゃないか…



久しぶりのじゃんけん大会。

勝負!
 
 


ゆかさんは何をやっても全部かわいい…。
ゆかさんちのお猫様はお元気ですか?


2014年5月14日水曜日

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」第19回「非情の罠」



村重謀反から官兵衛君が投獄されるまでのいきさつ。静かな回です。荒木ちゃんが謀反を起こした情報が皆に伝わって、それぞれがどう動いたかというお話。場所がよく飛ぶ割りに、内容はあまり進んでいなくてかなり静かな回で、時々うとうとと寝てしまいました。よって簡単に。

★あらすじ

村重謀反。ノブ様は怒る。小寺鶴殿も荒木ちゃんと呼応。さて松寿丸はどうなる。官兵衛、一人有岡城へ出向いて捕まる。

●流れと感想

有岡城、村重謀反。ノブ様からの命で有岡城へ出向いた秀吉と光秀が追い出される。荒木「いずれ信長に使い捨てにされる」
安土城、ノブ様は怒ってます。ところでその剣はどこの物?
播磨秀吉の陣、官兵衛、小寺殿も離反したと知る。愕然。
・その小寺殿の御着城へ黒田パパが訪ねていくが追い返される。
姫路城、光さん「松寿丸はどうなる」
有岡城、だしさんは荒木ちゃんを止めたいが無駄。高山右近に夫を止めるようたのむがこれも無駄。右近さんの身の上話。彼も下克上で成り上がった。首の傷はその時に受けたもの。死にかけたが助かったことで神様を信じるようになったそうだ。…しかし「敬虔なキリシタン…」なんて言ってるけど、当時はまだキリシタンが敬虔なんて考えはなかったのでは?
安土城、またノブ様が濃姫とお話「裏切り者は許さん!」しかしこの夫婦は仲がいいわね。全くいらないシーンですけど。ところでノブ様はやっぱり頭を剃ったほうがいいと思うのよ。
・近江の長浜城のおねさんも荒木謀反を聞いて松寿丸を心配している。
姫路城、黒田家会議中。井上九郎右衛門がいきなり「御着を攻めるしかない」。ほぉ~この人が一番現実的で切れ者っぽいですね。休夢おじさんもノリノリ。…が、官兵衛「御着の殿への恩を忘れてはいかん」あちゃー…甘いよなぁ。「義」とか言ってるし。いい人過ぎ。光ちゃんもいろいろと心配。またまた夫婦でベタベタ。アタマガイタイ…。
御着城、官兵衛が小寺殿に会いに来た。
殿「おまえも毛利につけ」
官兵衛「いや殿も織田様につくほうがいい」
殿「もう遅いわ」
官兵衛「いやまだ間に合う。荒木と話をつけてくる」
殿「そうかじゃあたのむわ」
秀吉の陣、秀吉「もうどうにもならんぞ。行くな」官兵衛「私が行って説き伏せてきます」
安土城、ノブ様「謀反人はこのワシが自らひねり潰す。」
有岡城、3人の家来を出し抜いて、官兵衛1人で荒木ちゃんに会いに来た。思い出話と「あのころの夢を捨てないで…」。その話を聞いていた荒木ちゃん「お前がかわいそうだ」。そして小寺殿から来た手紙を見せる。それには「官兵衛がそちらに行くので殺してくれ」と書いてあった。…小寺殿が急に切れ者になったの?
・官兵衛ショック。荒木「わしにつけ」官兵衛「ことわる。某は裏切らぬ。」←ここいい演技。
・官兵衛、暴れるが捕まって投獄される。あんなところで暴れても勝ち目はないのに。当然ボコボコ。それでは来週。