2015年4月25日土曜日

Naturally 7 – Wall of Sound (2009)



これはすごいです。


Naturally 7 – Wall of Sound (2009)(曲は44秒から)

Album:  Wall of Sound
Released: Jan 05, 2009 ℗ 2011 Festplatte AG


アカペラ100%だそうです。NHKのあさイチを見ていたら出てきた。ひゃ~これはすごい。すごい人達がいるもんだ。本当に人の声だけなんだろうか? というわけでライブ映像↓





これはまず曲がいいアカペラの曲にこんなことを言うのは本末転倒なんだけど、この曲は普通の楽器で聴いてみたい(笑)。曲そのものがいいから楽器でもアカペラでもどっちでもいい。それぐらい曲がいい。素晴らしいです。これオリジナルなのかな。誰かの曲のカバーじゃないですよね。本当にいい曲だ。

私は普段アカペラは特に好きではない。もちろんすごいとは思う。だけどアカペラには独特のアカペラ音があって音としてそれ以上に展開することはあまりないし、結局全部声でやってるというテクニカルな部分がすごいだけで、曲そのものでぐっと来ることはあまりなかったりする。だけどこれはすごい。アカペラに聴こえないもの。アカペラを超えてます。すごいです。

声で楽器の音の再現がすごいだけじゃない。ボーカルの声もコーラスのアレンジも素晴らしい。すごく気持ちいい。本当にすごい人達。

この曲は70年代ソウル、ポップスに+ヒップホップ…フュージョンにスムースジャズ系も入ってる。シンセ音にスクラッチにホーンセクション、歪んだギター…色々入ってます。最高。かっこいい。本当にすごい。Jackson5 Shake Your Body (Down to the Ground)」も入ってる。70年代のHerbie Hancockも入ってる。 コーラスはなぜか一瞬だけSteely DanいやDonald Fagen風も入ってる。そうか昔風に言うならジャズロックか?ジャズファンクか?ひゃ~かっこよすぎ。大きな拍手。

そこでちょっとWikiから情報を拝借。結成は1999年のニューヨーク。ずいぶん長い間やってるんですね。この曲は2009年に英国で出したアルバムの中の曲で、英チャートで29位まで上昇。

他にもいろいろとあるみたいだけど特にライブで有名らしい。まだメジャーじゃないのかな…詳しいことはよくわかりませんでした。とにかく名前を覚えておこう。


2015年4月20日月曜日

Babymetal:レディングフェスティバル出場決定!



Babymetalさんはいつも期待以上!
今度は英国レディングフェス出場決定です!

YEEEAAAAHHH!!!\(^o^)/

-------------------------------------------------------------------------

まだざっと情報を見ただけなので詳しいことは全くわからないですが、これによると829日・土曜日にReadingで、830日・日曜日にLeeds2日間出演。両日ともメタリカのおじさん達と一緒の日Babymetalさんの出る日には、先祖返りRoyal Bloodと新プログレEverything Everythingが出る模様。ドキドキ…。あとは知らない。ところで別の日のマムフォード&サンズはキライヨ。若者よもっと肉を食え(笑)。
 
というわけでとりあえずご報告。今年はフランスにもドイツにもイタリアにも行くのにイギリスはどうしたんじゃと思っていたら、こんな大ニュースが待っていたとは…。Babymetalさんはいつも予想以上

 
ところでもうすぐ5月からBabymetalさんの海外ツアーが始まりますが、そのアメリカ大陸ツアーと同じ週に、旦那Aの親戚がうちに来ることになったので、去年ほどの熱血感想は書けないと思います。それでも
 
Babymetalの皆様、
応援しております。


さて海亀はまた風邪をひいた。
週末に熱が38.2度も出た。
いったいどうした?
こんな高熱は久しぶりだわ。
現在も37度。
猫さんが優しい気がする。

 
 

2015年4月15日水曜日

Mariah Carey – Vanishing (1990)



天が与えた声。


Mariah Carey – Vanishing (1990) 2分ぐらいからがすごい

Album: Mariah Carey
Released: Jun 12, 1990
℗ 1990 SONY BMG MUSIC ENTERTAINMENT


先日アリアナ・グランデちゃんがマライアさんの「Emotions」を歌って上手いと書いたんだけど、今回はご本家のマライアさんの曲。

この曲はファーストアルバム『Mariah Carey』から。リリースは彼女が21歳の時。レコーディングはおそらく20歳の頃。自ら作詞作曲にもパートナーと共にかかわっている。

21歳。とにかく信じられないです。上手いだけの次元を超えている。魂から出てくる声。声だけで心をぐっと鷲掴みにされる。苦しくなるくらい。なんなんだろうこれは。

彼女のお母さんが元々オペラ歌手でボイストレーナーだったらしい。天賦の才能とそれを伸ばすための環境をお母さんが与えてくれたんでしょう。そして20歳で開いた大輪の花。

↓これは当時のライブ。マライアさんが若いです。細いですね。歌と衣装で大人っぽく見えるけれどまだ20歳の女の子。綺麗です。


Vanishing (live at tatoo club 1990) 吼えてます
 


ファースト・アルバムは色んな曲があってまるで声の見本市。まとまりから言えば多少粗い。だけどだからこそ面白い。女の子が天から与えられた特別な才能で自由に遊んでいるような印象。まだ完成していない荒削りの宝石のような魅力。声の質感も様々。このアルバムは何度聴いても全く飽きないです。彼女の声が素晴らしくて飽きない。まさに声の魔法。

翌年1991年にはセカンドアルバム『Emotions』を発表。このアルバムもいい。いろんな声を聴かせてくれる。前述のシングル「Emotions」はもちろんこのアルバムから。


その後、3枚目から私は彼女のアルバムを全く聴いていない。理由は彼女があまりにも売れてしまったこと。そして楽曲もなんとなく大衆的になった気がしたこと。彼女のクリスマスの曲が東京中に溢れる頃には全く興味がなくなった。

レコーディングが違うせいなのか理由はよくわからないけれど、3枚目で確かに印象が変わった。声が安定したかわりに繊細さがなくなった。魅力的だった粗さもなくなった。ただ上手い人になったと思った。声の魔法が消えた。その変化の理由は今もよくわからない。

ともかく1枚目と2枚目は奇跡。天才とはこういう人のことをいう。


 

2015年4月14日火曜日

お猫様H:まどろみ

 
お猫様が寝ている。
熟睡。口のまわりの毛が薄い。
お腹を触っても、
指先を触っても起きません。
おやすみ。

2015年4月10日金曜日

Ariana Grande – Problem (ft. Iggy Azalea)(2014)



才能のある可愛い女の子が好きだ。


Ariana Grande – Problem (ft. Iggy Azalea)(2014)

Album: My Everything
Released: Aug 25, 2014 ℗ 2014 Republic Records,
a division of UMG Recordings, Inc.


数週間前にスーパーでマライア・キャリーの「Emotions」が流れていて、どうしてまた20年以上前の曲が今流れてるんだろうかと思っていたら、今のアメリカのアイドル=アリアナ・グランデちゃんが「Emotions」のカバーを歌ってたんですね。流れていたのはきっとアリアナちゃんのバージョンだったんでしょう。

この人のことも全く知りませんでした。名前ぐらいはもちろん知っていたけれど、今のアメリカの流行の歌に全く興味が無いのでこの子も他のポップシンガーと同じようなもんだろうと思ってた。

昨日何故か思いついてアリアナちゃんの名前で動画サイトを検索して出てきたのをひととおり見てみて驚いた。

この子は歌が上手い。

なんだなんだなんだ…すごく才能のある素晴らしいシンガーじゃないの。へー知らんかったな。何よりも

可愛いですね

まー綺麗な顔。身長153cm。ちっちゃいぞ。まだ21歳だってヒャ~ッ!いや可愛いのはともかくそれ以上に輝く才能。これはたまげた。やっぱり流行りものもちゃんとチェックしないといかんな…。彼女は日本でも有名だそうですね。というわけでリスペクトを込めて一番気持ちよかった曲をここに載せる。
 
とにかくマライアさんの昔の歌を歌えるだけでもたいしたもの。「Emotions」は特にすごくて、あんな歌を歌える人は他にいないだろうと思ってました。アリアナちゃん歌えるのね…ひゃ~っ!超高音も出てます。ライブでも歌えるのかしら。
 
アリアナちゃんはつい最近アメリカで「最低最悪芸能人のナンバー1Top 10 Most Awful and Annoying Celebrities」に選ばれたそうです。あいたた。本当なの? まーいいじゃないか。あんなにちっちゃくて可愛いとデカイ態度が余計に大きく見えるんでしょう。かわいそうに。
 
トークショーに出てる彼女も見たけど、子供みたいに可愛いのに確かに肝が据わってる。年上のプレゼンターとタメ口。堂々としてる。物まねが上手い。すごく頭がいい。元々15歳の時にNYのブロードウェイでステージデビューしたらしいんだけど、この人も複雑な自意識を持つ前に一気にスターになってしまったのかも。この態度のデカさは大物の証。
 
私は才能のある若い女の子が超わがままでエゴむき出しなのは決して嫌いじゃないです。昔のマドンナもすごかったです(笑)。それくらい我が強いくらいじゃないと欧米のエンタメ界は勝ち抜いていけないんじゃないかと思う。アリアナちゃんは歌が上手いんです。ビッチでもいいじゃないか。どうせ文句を言ってるのは同世代の女の子達なんでしょう。歌さえ上手けりゃいいのよはははははは。どうでもいいや。
 
曲はひととおり聴いたけどまだいい曲が足りない。これからまだまだ伸びますね。上手いけどまだ初期のマライアさん程のインパクトはない。マライアさんは21歳のデビューで別世界のレベルでした。アリアナちゃんの才能を活かせて強烈な印象を残せる曲にめぐり会えればいいなと思う。まだまだこれから。
 
ただまだ若いからこそ(いろんな理由で)落ちる可能性もあると思う。とにかくこの才能を潰さないように伸びていけばいいなと思う。若いからこそ気をつけて。
 
彼女のことはこれから時々チェックしよう。
 
 

2015年4月8日水曜日

Winger – Seventeen (1988)のっちさんのTシャツ



なぜ今日はWingerなんでしょう?



Winger – Seventeen (1988)

Album: Winger
Released: 1988 ℗ 1988 Atlantic Recording Corp.
Marketed by Rhino Entertainment Company,
a Warner Music Group Company.



なぜなら…この写真を見たからです。

いつもかわいい

やっこれはっ!のっちさんはWingerファンだったのっ?ひゃ~これは想定外。だから私はのっちが好きだ。しかしこのTシャツは1990年のアルバムじゃないか…って私1枚目しか聴いてないですけど。しかしなんでや?なんでのっちはWingerを知っているの???

海亀はもうのっちさんのことを他人とは思えない。一人ガチャガチャに一人観劇、たぶん一人コンサート、もしかしたら一人映画、それに超・人見知りで美容院やおしゃれすぎる場所にもドキドキ、そもそも出不精、小物好きのキッチン雑貨好きインテリア好き、それに一人蕎麦屋だってよ…ぇええええ?…私もお蕎麦好き、死ぬほど好き。20代日本にいた時は蕎麦屋に週に23回は行ってた。紫のコートも昔着てたキャー…もう他人とは思えない。


というわけでWingerです。バブルの頃にアメリカで流行っててそのまま日本にも直輸入。来日もしましたね。90年頃かな。見に行った。ファーストアルバムはよく聴いた。この曲以外にも大メタル演歌の名曲があるぞ。

当時、ボーカルとベース担当のキップさんがアメリカのティーンの間でアイドルだったと聞いてましたが、こんな胸毛ボーボーのおっさんのどこがいいのかしら?…と思ってました。しかしこの曲は好きでアルバムも良かったし、来日が決まってからなんとなくチケットを買い、東京の武道館のみならずノリで名古屋まで見に行ってしまった。…(^_^;)\

名古屋でのコンサートの後、東京行きの最終の新幹線に乗り込んだら、なんと

Wingerの皆さんがいました。

ドサクサに紛れて車両に乗り込んだら目の前にキップさんがいたんで「ありがとう」とかなんとか言って握手をしてもらった  (^_^;)。キップさんも「ありがとう」と言ってくれましたネ (^o^)ウヒャー。そのまま通り過ぎて隣の車両に移っておとなしく東京に帰った。たぶん武道館のショーはその翌日か2日後あたりだった。
 
このビデオのキップさんはやたらとギンギン野獣系ワイルドなルックスですが、御本人は割に小柄だったのが意外。顔もそんなに大きくなかった (^_^;)。 バンドのギターのレブさんは、ライブ中のソロで5分間ほど長々と一人早弾きをし続けて武道館中が妙に静かになったのもまたいい思い出。

 

2015年4月3日金曜日

お猫様H:フルーツを買えば

 
 
ライムを買えば、
猫が転がす。
洋梨を買えば、
猫が転がす。
転がす…。
モウ1回…
 
 

2015年4月2日木曜日

Perfume:新曲「Pick Me Up」と伊勢丹関連

 
 
新曲「Pick Me Up」のMVが解禁されました!今回はいろいろと書く!基本的にいろいろ書きたい時はいいね!ということです。

 
 Perfume - Pick Me Up (2015)

Album:  Cosmic Explorer
Released:  Apr 6, 2016
℗ 2016 UNIVERSAL J/Perfume Records,
a division of UNIVERSAL MUSIC LLC
 

 
●曲「Pick Me Up」・70

MV解禁から何度か聴いてます。だんだん馴染んできた。しかし第一印象は大切。正直な意見を書く。たぶん問題はサビ。Pick me up, pick me up…」と繰り返すサビがどうもいまひとつ。だけどそれ以外のパーツは決して悪くない。アコースティックギターで「楽しい時間を…」の始まりから、のっちの「輝く星空のような…」でだんだん盛り上がってくるあたりは高揚感があっていい。のっちの高音は意外だけど素晴らしいですね。のっちさんの純粋なキャラがこの声=音にあっててすごくアガル。幸せな別世界へ引っ張りあげてくれそうだ。あ~ちゃんの情感を込めた声も女性らしく、かしゆかさんの透明な声もすごく綺麗。それぞれの声が曲に色をつけていていいと思う。
しかしサビはなぁ…。中田さん最近メロディのリピートが多いですね。どうも盛り上がりに欠ける。サビに至るまでがAメロとして主張をするメロディではなく、Bメロもサビに至るまでのイントロ的な感じで一気にガンガン盛り上げてたのに、到達した頂点がこれなのか…という感じ。その後の展開もなく最後はアゲにアゲてブツっと終わり。え…もう終わり?まぁ好き好きですね。構成が単純なのはダンス曲らしい構成なのか。しかしダンス曲としてあまり踊りやすいパーツでもリズムでもないと思う。
よくわかんないけどこういう音は欧米で23年前にすごく流行った音かも。盛り上げ方も音の感じもあまり新しい感じはしない。しかしこれも考えようで、J-POPグループのPerfumeがこういう歌を日本でシングルとして出すことは今までなかったことだろうし、日本の市場には面白いと思われるのかも。確かに気持ちのいい高揚感はありますからね。
海外でどう受け取られるのかはわからない。Youtubeのコメント欄の英語のコメントには「すごくいい」と言う意見もあれば「もうこんなEDMはやめてくれ」という意見もあるし。欧米の今までEDMを聴いてフェスに行っていた一般の人達がどう受け取るかと、欧米の既存のPerfumeファンがこれにどう反応するかはまたそれぞれ違うと思う。予想できない。
Perfumeがやるのは珍しいけど楽曲として新しい感じはしない。よって70点。


Perfume100点満点中250+ボーナススコア

もうね…これはもう誰も否定できない。
Perfumeさんは本当に綺麗だ。

あ~ちゃん最高。
 
 
このビデオでのカラコンの顔が本当に素晴らしいのよ。これ、これなんだ、こういうイメージが見たかったのよ私はね。彼女達はポップスターアイコンとして本当に魅力的なルックスなので、イメージでもっともっと遊べるはずなんですよ。このカラコンの場面はMV中の一瞬なんだけど、こういう遊びをプロモーションの写真や雑誌撮影などでもっと使ってもいいと思う。
彼女達の自己のイメージが「広島の芋っ子が隣の綺麗なお姉さんになった」程度なのかどうなのかよくわからないけど、今まで無難な線のイメージが多かったのはもったいない。
スタイルがいいのはもちろん、彼女達はお顔も綺麗。本当に魅力的。このカラコンの顔は、一般のモデルがこういうのをするのとは印象が違って見える。なぜならPerfumeは踊れるからです。今まで踊ってきたからです。今まで培ってきた人形だのロボットだの近未来だの…のイメージの延長で見るとカラコンの顔も他のモデルとは違って見える。別世界からきた綺麗なポップスターに見える。
彼女達はJ-POPのマネキンとしてもっともっとイメージで冒険してもいい。もう大人ですからね。可愛いだけではもったいない。J-POPの踊るマネキン…ファッションアイコン等々いろいろといける。とにかくこれだけ踊れるポップスターは他にいませんから。本当に素敵です。
 
 
MVPick Me Up85
 
世界感はいいと思います。アイデアがいい。「J-POPの踊るマネキン」…いいじゃないですか。まさに「普通の女の子が踊るマネキンになる」イメージ。これPerfumeのイメージとして今までなかったのが不思議なくらいはまってる。
ガラスケースに閉じ込められたマネキンもちょっと悲しい。以前から繰り返されるPerfumeの「閉じ込められた女の子達のイメージ」も帰ってきた。いいと思いますいいと思います。
ただ編集で多少散漫な感じはしますね。あのデパートの中をうろうろする薄暗い場面は必要なのかどうか。ショーウィンドウの中のマネキンとそれに話しかける普通の女の子+踊るマネキンだけでいいような気もする。個人的にはダンスの全体がよく見えて、カラコンの顔のアップがもっとあったらもっと萌える。とにかくPerfumeさんは綺麗な女の子達なんで、どの監督さんもとにかくPerfumeさんを綺麗に撮っていただきたい今一番綺麗なんだもの。カメラでPerfumeをベッタリと舐めるように撮るMVが見てみたい(笑)。
 
 
●伊勢丹キャンペーン・120
 
これこれ。このタイアップは素晴らしいと思います。このキャンペーンはとにかくアイデア勝ち。今までもっとあってよかったタイアップですよね。上手い。女性ファンはPerfumeの着るファッションを買えるのがすごく嬉しいだろうと思う。今回ブランドではなくデパートなんで、服に靴、アクセサリーといろんなPerfumeの部品が買えるのも嬉しい。Perfumeさんはモデルとしてだけじゃなく、商品や素材の選択にも関わっているんだそうです。店内には衣装も展示してあるそうだ。これは頭いいな。これならPerfumeさんのイメージも上がりますね。踊るJ-POPのマネキン。もう本物のPerfumeマネキンを作っちゃえ。
 
 
●集計

(7025085120)÷4131.25点/100点満点中 

悪くない!


Perfume - Pick Me Up (2015)
Perfume - 1 mm (2013)
Perfume - Magic of Love (2013) 
Perfume - Spring Of Life (2012)
Perfume - Glitter (2011)
Perfume - 575(2010)
Perfume - Speed of Sound (2009)
Perfume - Baby Cruising Love (2008)
Perfume - Secret Secret (2008)

Perfume - Twinkle Snow Powdery Snow (2007)
Perfume - Electro World (2006)