2017年8月18日金曜日

映画『ジャングル・ブック/The Jungle Book』(2016):実写で失われたオリジナルの魅力







-----------------------------------------------------------------------------
The Jungle Book2016年)/英・米/カラー
106分/監督:Jon Favreau
-----------------------------------------------------------------------------

 
去年の春頃に見た映画。これも記憶を探って見た時に思った事を思い出して書く。

海亀は動物が好き。子供の頃から可愛いペットよりもむしろ野生の動物の方が好き。野生動物のドキュメンタリーも好き。

だからこの映画のトレーラーを最初に見た時は舞い上がった。こういうのが見たかった。人間の子供がリアルな黒豹と戯れるの?ひゃ~夢や。すごいわ。子供の頃からの夢よ。なんといいアイデア。これはきっといい映画になるだろう。

公開になって喜び勇んで見に行く。

…うわー動物がしゃべっとる。おおおおお黒豹がかっこいいね。ひゃー ややっ虎がちょっと丸顔過ぎ?あのシア・カーンの大きな顎はどこにいった?…うーんなんだかあまりかっこよくないよなぁ。熊もリアル…しかしこの「ベアネセシティ」はなんだか妙だ…あまり可愛くないぞ。オランウータンが巨大。うわー大きすぎてリアル感無し。怖い。

時間が経つにつれて最初の興奮がだんだんおさまってくるのが自分でもわかった。なんだろう…この違和感


この映画は1967年に制作されたディズニーの有名なアニメーション映画『ジャングル・ブック(1967)の実写版リメイクなわけですが…。

昔のディズニーの動物アニメ映画って
やっぱり偉大よ。

いやーこの映画を見てあらためて思いました…昔のディズニーアニメは偉大だったと。オリジナルの『ジャングル・ブック(1967)』の魅力って、一にも二にも、とにかく美しくデザインされた手描きの動物キャラクターにあったと思うんですよ。

1967年といえば、CGも無くて全て手描きの時代。オリジナルの『ジャングル・ブック』の動物達は、当時のアニメーター達が動物を真剣に観察して作り上げたもの。あの動物達はカタチが美しいばかりではない。もっと凄いのはあの動物達の動き。

『ジャングル・ブック(1967)』の動物達の動きは本当に美しいです。動物が好きだからよくわかる。あの動物のキャラクター達は、当時のアニメーター達が動物の動きを観察して、一旦噛み砕いて、そしてそこから動作や仕草を…ある部分は強調し、またある部分は引き算をして作り上げた芸術作品なんですよ。決して動物をそのままコピーしたものでも、単純に擬人化しただけのものでもない。





虎も熊も猿も、実際の動物とは違う動きをしているはずのに、その動きにいちいち説得力があるんですよ。オランウータンが踊る様子も(手首の動きがすごい)、熊が二本足で立ち上がる様子も、虎がのしのしと歩く様子も、黒豹の滑らかな動きも、全てが動物の動きとして説得力がある。そして大変美しい。ものすごく魅力的。

オリジナルでは虎のシア・カーンもとてもかっこいいです。





やっぱりあのオリジナルの優雅な美しさはCGでは出せなかったんでしょうね。今回のこのリメイク映画は、実写の野生動物のドキュメンタリーのようで一見いい感じなのに、動物達が人間の台詞を喋り始めると違和感が半端ない。熊の「ベアネセシティ」も全く魅力的じゃない。あの巨大な猿はなんだ?化け物?

なんだか悪い意味ですごくびっくりした。実写で表現された動物達が全然魅力的じゃない。これを見て改めてオリジナルがいかに素晴らしかったのかを実感。あのアニメーションはどうやっても絶対に超えられないわ。マジで。

オリジナルのあの黒豹の動きにはうっとりしますよ。心が震える…あまりにも美しくて。シア・カーンもかっこいい。オランウータンのダンスも動きがユーモラスだからこそあの楽しい歌が活きるのね。


このリメイクには期待し過ぎたんですよね。動物が好きだからすごく魅力的なものが出来るだろうと思っていた。いやCGの技術は素晴らしいと思います。黒豹とモーグリが一緒に歩くところは嬉しかったです。夢があっていい。

しかし何よりもこの映画の一番の問題は、オリジナルにあった「ユーモアと優雅さ」が全く無くなったこと。虎のシア・カーンが、見かけも性格も全く共感できない醜い悪者になっていたのが辛い。悪者だからって完全に憎らしくする必要はないんですよね。そして最後は山火事で焼き殺すの?酷いわ酷すぎる。動物を焼き殺すなこら! すごく嫌だ。オリジナルは尻尾に火がついて逃げてっただけですよね。

近年のアメリカの映画は、子供向けの映画でも「勧善懲悪」で悪者を殺したりするのかしら。嫌だわね。悪者を罰してもいいけれど、焼き殺すなんて酷いわ。凄く気分が悪い。正しい者は悪い者をどんなやり方で殺してもいいのか?…こういうのっていかにも今のアメリカ的でぞっとする。

子供向けの映画は夢を売ってくれなきゃ…。

この映画は、制作陣も最初は「素晴らしいアイデア」だと思ったんだろうと思うんですよ。私もすごく期待した。だけど結果が思ったよりも良くなかった…ということなのでは。いや米のムービー・データベースでは10点満点で7.5点なので評価が低いわけじゃないけれど、…うーん…しかしもし制作のスタッフが冷静にこの映画の出来を見て「思ったより良くなかったね」と誰も思わなかったとしたら大きな問題だと思います。これ全然良くないです。

実写にしたせいで、オリジナルのユーモアや楽しさや美しさや優雅さ…夢物語の魅力が全然無くなってしまった…。なんだか全体にアクションが激しすぎて、ジュラシックパークみたいな怪獣映画にしか見えない。おそらくこの作品が完成するまで、制作スタッフもこの結果がわからなかったんだろうと思います。でも完成しちゃったからしょうがない。公開したらそれなりにウケたからまぁ良かったわね。ふん。

今動画サイトでこのリメイク映画のいくつかのクリップを見たけれど、狼の家族は可愛いですね。しかしシア・カーンは邪悪だな。悪者でももう少し魅力的にして欲しいものだわ。

生きとし生けるものは皆美しい…。

それにしてもこの映画は映像も暗いし内容も結構ショッキングなんですけど、子供は怖くないんだろうか


繰り返す…あらためて昔のディズニーはやっぱりすごい。私は近年のディズニー映画にはそれほど大騒ぎはしないけれど、60年代のディズニー作品の動物の描写は本当に凄いと思います。動物好きの人ならわかると思う。


 

2017年8月16日水曜日

お猫様H:だらだら



毎日相変わらずブラッシングを要求する。
だらだらしてます。
 
 

2017年8月10日木曜日

Re-Flex - Hitline (1983)



Don't judge a book by its cover.



 
Re-Flex - Hitline (1983)
 
Album:  The Politics of Dancing
Released:  November 1983
 
 
Re-Flexもう1。動画サイトで30年ぶりぐらいに聴いたんですけど、今でも曲の良さに感動するので記録。この曲はアルバム『Politics Of Dancing』の2曲目「Hitline」。キャッチーです。後ろのベースもいい。キレがいい。
 
 



これがプロモ用のMVらしいんだけれど初めて見た。ふへーすごいな…なんだか…これダサかっこいいの????😅 そもそもこのバンド、メンバーがどんな方々なのかも今まで全く知らなかったです。右側のベースの方の磯野波平さん型+後ろ三つ編み頭に少なからず驚く。戸惑う。でもベースの音はいい。左側の踊るキーボード君も強烈。踊りすぎ。ボーカルは素面。髪型がとても80年代。

昨日このMV最初に見た時にはギャッ・ダサいと思ったんですけど、だんだん慣れてきた😅。Level 42 辺りとの関係なんかを考えると、このバンドは決してアイドル枠で勝負するバンドではなかったんだろうと思います。それなのに曲が同じジャンルなのでKajagoogooDuran Duranあたりと比べられてしまったのかも。ちょっともったいない。中途半端に80年代イケてる風にしちゃったのが大問題。妙に踊る必要もなし。気負いすぎるのはいけない。もっと無骨に音楽通ウケする売り方をしたほうがよかったのではないか。だって楽器の上手い人達だと思えば波平さんも素敵に見えてくるものです😊。ほんとよ。でもスキンヘッドの方がいいと思う。

ところでこのバンドは当時の生のライブの映像が出てこない。あるのはテレビ出演やプロモ用のものばかり。実際ライブバンドとしてはどうだったんでしょう。


 

Re-Flex - The Politics of Dancing (1983)



忘れられた名曲、名盤。



Re-Flex - The Politics of  Dancing (1983)


Album:  The Politics of Dancing
Released:  November 1983



このイントロを聴くだけでぞわぞわと心が躍る。この曲は80年代の忘れられた名曲だと思います。この曲は本当に好き好き好き。今でもこのイントロを聴いただけで最初に聴いた頃の興奮を思い出す。

このバンドもワンヒットワンダーのバンドなんだろうと思います。ヒットしたのはこの曲The Politics of  Dancingただ1曲のみ。それでもこの曲の印象は強烈。英国では シングル・チャートで28位、アメリカで24位。

この1曲に惚れて早速レンタル・レコード屋へ。なんと…アルバムThe Politics of  Dancingもすごく良かった。硬質な音のかっこいい曲が多い…いやワタクシ的には1曲も捨て曲無し。実は全く期待していなかったので驚いた。アルバムはアメリカで53位まで上ったそうだ。

このアルバム1枚だけでバンドの名前を聞かなくなってしまったので解散したのかと思っていたら、今でも公式に解散はしていないらしい。2010年には、80年代にレコーディングされたセカンド・アルバムが初リリースされたり、CDBox Setが出たり、地味ながらもRe-Flexの名前は続いているらしいです。Re-FlexFacebookも出てきた。なーんと30年ぶりに情報を知れてよかったです。


当時聴いたのはこの1枚のみのアルバムと、映画Breakin’のサウンドトラックでのCut Itのみ。曲数は少ないけれどどれを聴いてもかっこいい。このバンドもボーカルがDavid Bowie風。

実はこのバンドには、アルバムを出す以前のメンバーに、Level 42のドラムPhil GouldとベースのMark Kingがいたらしい。元々上手い人達のバンドなのね。フュージョンの技を持ったシンセ・ポップバンド。どうして売れなかったのかなぁ。Level 42は売れたんですよね。

このアルバムは結局レンタルだけで買っていない。今回改めて動画サイトで聴いてみたけどやっぱりいいアルバム。CDが欲しい。アマゾンのマーケット・プレイスに行ってみたら米では100ドル以上。日本ではなんと7万円!ふあ~。そろそろ公式で出してくれんものかね。


★アルバムが買えるらしい
どうやらRe-Flex公式のサイトでアルバムを直接購入できるらしい。
リンクは
http://www.re-flex.info/SHOP/SHOP-DIRECT/HTML/INFO-POLITICS.html
どちらもCD購入ダウンロード購入が可能。
他のアルバムも買えるらしいです。
http://www.re-flex.info/SHOP/SHOP-DIRECT/HTML/DIRECTHTML.html


2017年8月9日水曜日

The Fixx - One Thing Leads To Another (1983)



今も現役だそうですよ。



The Fixx - One Thing Leads To Another (1983)


Album:  Reach the Beach
Releaed:  Dec 31, 1982
℗ 2003 Geffen Records


先日のSpoonを見ていて、音が80年代初期のブリティッシュ・ロック的かなと思ったんですが、思い出したのはこのあたりのバンド…The Fixx80年代の始めの頃、英国各地でわらわらと沸いてきてアメリカでも売れた多くの英国の(または英国経由の欧州の)バンド達…

The Human LeagueABCCulture ClubSpandau BalletKajagoogooEurythmicsDepeche ModeHoward Jonesa-haBananarama Wham! New OrderTears for FearsPet Shop Boys、Frankie Goes to HollywoodMen Without HatsSimple MindsPeter SchillingUltravoxJapanthe Thompson TwinsGary NumanThomas Dolby

出るわ出るわ…Wikipediaで「New Wave」や「Synth-pop」のお題だけで検索して、曲が思い出せるバンドだけでもこれだけあった。もちろんDuran Duranもその一つ。この手のバンドでは、Culture Club Duran Duranが当時一番全世界的に売れたのかな? あ…U2ってこのカテゴリーじゃないですよね。


というわけでThe Fixx。アルバムReach the Beachは買った。この曲が良かったからアルバムも購入。音が硬質でカリカリしていて悪くなかったけれどちょっと地味かも。シングルカットされた曲以外はあまり覚えていない。ちょっとボーカルがDavid Bowie的。明らかに影響を受けてます。

しかしこの曲「One Thing Leads To Another」はワンヒットワンダー的なものなのかも。この曲は米ビルボード・チャートで1983年の11月にシングルで4位まで上がったそうな。私が東京でこのアルバムを聴いていた頃、旦那Aはアメリカで同じアルバムを聴いていたらしい。音楽で振り返る日米共通の思い出。

 そういえばこの曲の他には、映画『ストリート・オブ・ファイア Streets of Fire(1984)』のサントラに入ってたDeeper and Deeperも良かった。
 


The Fixx - Deeper And Deeper (Long Version)(1984)

Album:  One Thing Leads to Another: Greatest Hits
Releaed:  Nov 7, 1989
℗ 1989 UMG Recordings, Inc.
 
 
今回初めて知ったんですけど、The Fixx は今も現役だそうだ。現在アメリカをハードなスケジュールでツアー中。びっくり。
 
このThe Fixxも大昔ライブを見に行った。1985年の中野サンプラザの27列目。上から見下ろした記憶がある。(記憶が確かじゃないんだけれど)たぶんボーカルの人が脚に怪我をしていて松葉杖をついてライブをしていたような気がする。しかしネット上を検索してもそのような情報は全く出てこない。はたして…あれはThe Fixxだったのだろうか。