2017年2月13日月曜日

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」第6回「初恋の別れ道」2月12日放送



今年はもう2月になるのに、未だ大河ドラマの感想を書いていない。しょうがないのだ。だって今のところあまり面白くない。

去年までは毎年最初から意気込んで、ドラマの流れを書いたり感想を一々書いたりしていたけれど今年はやらないと思う。というのも、またまたまたまた今年は「おんな大河」ですもん。まずそれだけで萎えた。無名のおんなをとり上げるくらいなら、もっと取り上げるべき歴史上のおとこがいるだろうに。おんなはつまらん。

だから今年の大河ドラマには最初からあまり期待していない。案の定、今のところあまり面白くない。どうも主役が冴えない。柴咲さんに違和感を感じる。何がまずいのかもよくわからない。彼女が悪いのか脚本や演出の指示が悪いのか、どうも現代人がコスプレしているだけに見えてしまう。演技がモダン過ぎる。彼女は時代劇に向いていないのか…辛口ですまぬ。…でも今はまだ2月。12月までには役に馴染んで中世のかっこいいおんな城主になるのかも。

最初数回の子役は可愛かったけれど、歴史ドラマとして心を惹かれることも無かった。脚本の意図やスタイルもあるだろうから、これから面白くなるのかどうかもよくわからない。

いっそのこと今年は感想を休むかとも思ったのだけれど、ちょっと光る俳優さんを見かけると書き留めておきたくなる。今年はたぶん俳優さんウォッチを時々書く…ということになると思います。


というわけで、

★三浦春馬
 
春の馬…いい名前だ。この俳優さんはね…このブログを始めた頃(2012年)にNHKの「あさイチ」にご出演になったのを見てその感想をここに書いたのよ。番組内で佐藤浩市さんが彼に愛あるアドバイスをなさっていて、その言葉を書き止めておきたかったんだけれど、結果若い三浦さんのことを「若いねまだまだやね」という風に(私が)言っているような内容になってしまって悪かったなとちと気になっていたのでした。あれから三浦さんのことは一度も拝見していない。その彼の「あさイチ」出演からもう5年も経った。

三浦さんはいい男。

あれから5年。あの時21歳だった彼も今年の4月で27歳だそうだ。ずいぶん男臭くなりましたね。雰囲気が全然違う。5年前は色も白くてひょろひょろした印象だったのに、ずいぶん逞しいではないか。
 
演技に力が入ってるんですよ。でもこの演技の力の入り方はたぶん時代劇に向いている…大河ドラマに合ってる。いい感じです。力が入った演技…真面目な演技?…それが大河ドラマっぽい。なんとなく昭和の役者さんみたいな雰囲気がある。なんか妙におとこおとこしている。彼が喋ると場面が昔の大河ドラマっぽくなるのが面白い。
 
時代劇はね、声の小さな柳腰のモダンな優男はどうもしっくりこないのよ。こちらが大河ドラマの役者に期待するのが昔の男のイメージだからなんだろうと思います。大河ドラマの役者には、丼飯を5杯食べて馬に乗って一日中山野を駆け回り、ふんどし一丁で川に飛び込んで魚を口に咥えて上がってくるような男気が欲しい…たとえそれが嘘であっても。
 
今の三浦さんはちょっといい感じじゃないかなぁ…まだわからないですけど。ルックスは申し分なし。首が太い。顎も割れてる。5年前のひょろひょろした感じとは全然違う26歳の男。いいと思うぞ。ちょっと楽しみ。
 
この亀ちゃんは、鶴ちゃんに「おとわはそなたのものにはならんぞ」と釘を刺すほど負けず嫌いで一直線な性格。鶴ちゃんもそんな宣言されても困りますよね。きっと彼も複雑な気持ちだよなぁ。幼馴染とはいっても、ずーっといなかったのに急に帰ってきて偉そうにされてもさ…。なんだろう…亀ちゃんは一直線で大雑把で周りを傷つけても自分で気がつかないワンマンタイプなのかしら?…亀ちゃんは子供の頃はひ弱な男の子だったのに、ずいぶん性格が変わったわね。
 
というわけで今週、三浦さんに興味が湧いた。貫地谷しほりさんが出てきたのも期待できる。しかしせっかくいい雰囲気の俳優さんなんだから、女の子キャラとのくだらない恋話ばかりじゃなくて、きちんと歴史の激動の中の男を演じさせてあげて欲しい。


★阿部サダヲ

配役最高。おもしろい。この頃の竹千代君は何歳の設定?あまり違和感が無いのがすごいと思います。楽しみだわ。雀めずる心優しい男の子?…この人が家康になると思うと楽しみだわ。

猫が可愛い。
温泉饅頭が美味そうだ。